【宅建試験・2020年度】新型コロナウィルスによる影響まとめ

宅建士試験

こんにちは。今回は10月に控えている令和2年度の宅建試験について、

コロナの影響でどうなっていくか分析しています。

試験機関から発表(7月1日時点)

試験元からは上記の日付にて、今後の試験の方向性について下記のように発表されました。

宅建試験 重要なお知らせ(令和2年7月1日)

宅地建物取引士資格試験は、例年、大学・高等学校・会議場等の施設を試験会場としてお借りして実施しておりますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、例年どおり試験会場を借り上げることが困難となっており、試験地(都道府県)によっては、試験会場が不足することが予想されます。

このため、受験の申込みに当たっては、以下についてご承知おきいただきますようお願いします。

1.試験会場における受験可能人員を上回った場合には、10月18日(日)ではなく、後日、指定した試験会場で受験していただく場合があります。

2.その場合の追加の試験日は、12月27日(日)を予定しています。該当する受験者の方には、8月末までに(予定)改めて通知いたします。

皆さまの、ご理解・ご協力をお願いいたします。

基本的には10月18日に行うようですが、コロナウィルスの感染の拡大状況や、試験会場の意向にもよるため、かなり変動的になっております。

もし、延期になった際は12月27日と記されています。

実際、私の知る試験範囲では下記の一級建築士は通常通りですが、(今のところ)一級建築施工管理技士は延期となっています。

今後のも注意深く情報収集を

このブログでも随時、情報発信をしていますが受験者の方々自身での情報を収集されることも強くお勧めします。

第二波の影響も懸念されており、都内感染者も増えつつあります。

備あれば憂いなし。これは仕事でも同じですね。

情報を集めておくだけでも安心ですし、そのモチベーションが学習の集中力につながります。

今後も情報は早く発信していきます。よろしかったら宅建の記事もご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました