【検索急上昇】一級建築士と宅建士を持って分かったこと

一級建築士試験

疑問君
疑問君
建築士と宅建って近い分野だし、持っていると
メリットあるのかな?これから両方取るのに情報が知りたい!


今回は建築士資格宅建士資格を持っていることについて、キャリア的に有利なのかぶっちゃけます。

結論

結論方いうと、あまり意味が無いです。(少し意味がある職種あり)

どっちかを極めた方がいいです。

そもそも資格における業務範囲は?

建築士は主に建物を建てる時に必要な資格になります。固く言うと、建物の設計・工事監理の独占業務となります。一定規模以上(ほとんど)の建築物は建築士資格者でなければできません。

 

それに加えて、宅建士は建物などの不動産の売買・仲介(いわゆる取引)に欠かせない資格者となります。どういう意味かもう分かりますね?

 

そうです、それぞれの独占業務の範囲が異なっているのです。

現在の企業の業務範囲

皆様も社会人の方や就職活動で企業研究が進んでいる方が多いと思いますので、だいたい予想はつくと思います。

建築士は主に建設会社や設計事務所、住宅メーカーに勤めて設計や施工管理などを任されるので不動産の取引はしません。

宅建士は主に不動産会社の営業につくことが多いです。もしくは建設会社やデベロッパー、住宅メーカーの営業にいらっしゃる方も少なくありません。

 

上記は私が直に見てきたことや友人の話を参考にしています。あくまで一定の範囲ですが、間違ってはいないと思います。

つまり、職種ごとに必要な資格は変わってくるのです。

二刀流を持つ意味は全く無いの?

では、職種が違うならどちらかでいいかというと必ずしもそうではありません。大手デベロッパーの開発部やインフラ、公務員はこれらの資格の知識が無いと業務が思うように進むことはできません。

業務で必要でなくとも、仕事の取引先は設計事務所や建設会社、不動産会社です。事業をするものに知識がなくては騙されてしまいます。

有資格者がいなければ動かせる事業も減ってしまいます。

二刀流の資格を持つことによって、就職あるいは転職できる範囲が広がることも間違いは無いです。

それぞれの資格取得の取り方

建築士は級によって受験資格が異なります。

建築学科等の大学などの学校を卒業する、建築業務に携わるなどの受験資格までは少し時間がかかるのがこの資格の特徴です。しかし、来年度から受験資格にも法改正が加わるので要チェックです。

一方、宅建士は受験資格はありませんので、どなたでも受けることは可能です。しかし、業界勤務の方は免除制度がありますので、こちらもチェックしてみて下さい。

ブログワード:一級建築士 宅建 転職就職 難易度 合格率 合格ライン 予想 独学 勉強法 試験日 受験資格

コメント

タイトルとURLをコピーしました