初心者でも完全攻略・ふるさと納税ガイド!おすすめサイトなど

自己啓発

最近、筆者もふるさと納税を始めました。

良い評判ばかり聞くふるさと納税だけど実際どうなの?

と言う疑問の声が多く飛び交っていますが、実際はどうか。

結論

結論は「やった方が得」です。

ではなぜ、得なのか。どこのサイトよりも分かりやすく説明します。

ふるさと納税とその仕組みは?

ふるさと納税は、応援したい市区町村(自治体)に寄附ができる制度です。

 寄付をすると、寄附金のうち2,000円を超える部分について所得税の還付、住民税の控除が受けられます。 

寄附金の使い道は自分で指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

*総務省より対象外とされた自治体への寄付は控除等対象外です。

ふるさと納税のメリット

メリットは2つあります。

①お礼の品が送られてくる

寄付をする金額によって地元の名産品などが送られてきます。しかも、その品は選ぶことが可能です。飲食から雑貨などあります。

②税金の控除が受けられる

申請の仕方にもよりますが、所得税の還付や住民税の控除が受けられます。

これはご自身の年収やご家族状況によって還付・控除の額が変わります。これはサイトにシミュレーションがあるのでやってみて下さい!

シミュレーションはこちら

手続きは2種類ある

ふるさと納税のサイトにアクセスして、返礼品を選ぶ作業は通常のネットショッピングと一緒です♫しかし、税金の還付・控除を受けるためには自治体に申請をする必要があります。

 

①確定申告をする

確定申告は前年に納めた寄付金の額を証明書と申請書と一緒に

税務署へ提出する(3月迄)

②ワンストップ制度の申請をする

寄付をした各自治体毎に、ワンストップ申請書と身分証明書を提出します。

 

*ワンストップ制度は下記の通り気を付ける点があります。

・寄付できる自治体数はまで(これを超える場合は確定申告のみの方法)

・寄付した翌年の1月10日必着までに書類を送る必要がある

住民税の控除のみが受けられる(所得税の還付は確定申告のみ)

ふるさと納税は結局どうやる?

前章まで少し詳しく解説しましたが、下記の通りの手順です。

1、ふるさと納税サイトで返礼品に寄付(買う)する

2、確定申告(又はワンストップ申請)を行う

3、還付・控除を受ける

もし、控除額の範囲内で上記の流れの場合、3の時に寄付した額の2,000円引かれた額が実質戻ってくる。つまり、2,000円で寄付金で得た返礼品が貰えるのである。

年収や家族世帯によって働いている人が多い場合は、税金をたくさん払っているので控除額が大きい(得する範囲が大きい)のである。

ふるさと納税のサイトはどこがおすすめ?

ふるさと納税を展開しているサイトはいくつかある。

  • ふるさとチョイス
  • さとふる
  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税

この他にも運営しているサイトはいくつかありますが、上記はキャンペーンの展開や楽天ではポイントがつくなど、かなりおすすめのサイトです。

尚、もう少しふるさと納税について詳しく書いてある、ふるさとチョイスはこちら

まずは自分はいくら得するのか、シミュレーションをしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました