【徹底比較】マンションと戸建てはどっちが良い?割合は?メリットやデメリット、コストなど踏まえて比較!

家づくりの全て・コツ

疑問君
疑問君
そろそろマイホームが欲しくて悩んでいるんだけど、
一戸建てとマンションってどっちがいいのかな?
それぞれ良いところもあれば悪い点もあるし….


これは究極の選択と言っていいくらいのテーマです。

今回はこれらを徹底比較していきます!

マンションと戸建ての割合は?どっちがいいの?

究極の選択ですが、世の中の割合はこのようになっています。

戸建て:54.9%

マンション:42.4%

その他:2.7%      参考元:総務省統計局「平成25 年住宅・土地統計調査」

意外や意外、戸建てとマンションはほぼ同じくらいです。その決定に対して皆様が何を基準に決定しているのか。多くの情報記事で書かれているのが下記の条件です。

  • 資金計画
  • 将来の資産価値
  • メリットとデメリットの比較

ほぼこれで決まります。では。これら条件と理由と賃貸や中古購入についても解説していきます。

条件の理由とその他の2つ方法はどう?

2つの条件の理由

資産価値と言ってもピンときませんよね。要は建物を中古で売却した時に、高い値段がつく方が資産価値が高いというイメージです。

資金計画ですが、マンションと戸建てでは金額のかかる大きさはピンキリですが、イニシャルコストとランニングコストでは大きく異なります。ご自身の支払い方はどちらが適切か把握する必要があります。

メリットとデメリットについては後半に徹底的に比較します。

賃貸と中古購入について

賃貸のメリット

  • 転居がしやすい(賃貸でやりくりする予定)
  • 支払いの計画が立てやすい(毎月決まった家賃)

賃貸のデメリット

  • 自分の資産にはならない(退職後の資産を考えている)
  • 借りる限り家賃を払い続ける(老後まで不動産にはお金を回したくない)
  • 住む条件によっては住宅ローンより割高(試算する)

中古購入のメリット

  • 購入価格が新築に比べて抑えられる

中古購入のデメリット

  • 誰かが住んだことが気になる
  • 資産価値は減少傾向にある(特に戸建ては年数によって大幅に価値が下がる)

賃貸と中古購入についてメリットとデメリットを挙げました。中古購入は戸建てとマンションは一緒にしました。ざっくり言いますと、

「賃貸は支払い予測ができやすいが資産価値は残らない」

「中古購入は価格は抑えられるが、将来の資産価値は期待できにくい」

ということが主な点なので覚えて頂ければと思います。

新築の戸建てとマンションのメリットとデメリットを徹底比較!

購入の際のメリット・デメリット

戸建て購入のメリット

  • 駐車場を自由に計画できる
  • 管理費が不要
  • 中古よりも税制の優遇措置が受けられる

戸建て購入のデメリット

  • 維持修繕費は個人で貯めなければならない
  • 防犯面では対策が必要
  • 掃除やゴミ出しなどの地域ルールがある

マンション購入のメリット

  • 戸建てより価格が抑えられる
  • 防犯性では高い機能が多い

マンション購入のデメリット

  • 駐車・駐輪場代が上乗せされる
  • 管理費・修繕積立金が上乗せされる
  • 近隣への騒音の配慮が必要

これで比べるのに必要な要素はほぼ出尽くしたかと思います!これらを踏まえて、資産価値の残し方や資金計画を照らしわせて頂くと、なんとなく方針が決まってくるかと思います。

戸建てなら敷地条件を見よ

戸建て住宅なら自由設計で色々な間取りをプロが作ってくれるので敷地条件をシビアに確認するべきです。できれば、建築士の方と見にいくことをお勧めします。

マンションなら階数と間取りをチェック

マンションは階段もしくはエレベーターの使用が必須となります。住んだ際の使い方を想像して下さい。また、間取りも人数と広さ、方位についても住環境に大きく影響しますのでチェックしてみて下さいね!

まとめ

戸建てとマンションの選び方の参考になりましたでしょうか。今回の記事で大切な要点をまとめますので、ぜひ覚えておいて下さいね!

  • マンションと賃貸はほぼ同じくらいの割合
  • 資金計画と資産価値、メリットデメリットを比較要素にする
  • 賃貸と中古購入も視野に入れて比較!
  • 戸建てとマンションの気をつける点は異なる

ブログのフォローなどお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました