【転職決断3つの決め手】私が経験してわかった転職の決断3つの決め手

建築士の就職・転職
疑問君
疑問君
今の仕事に不満で転職を考えているけど、
自分が転職していいのかどうか分からない。
実際にエージェントに聞くのも営業されるし。

私も去年転職しまして上記の悩みを抱えていました。ということで、私の経験を暴露しながら3つの条件をお話ししたいと思います。

転職の決め手はたったの3つ?

ズバリ転職するかどうかの見極めは、

  • 現在の仕事内容に満足しているか
  • 給与と今後の昇給の満足度
  • 社内の人間関係は上手くいっているか

これは皆様にとって重要で無いかもしれませんが、これらを同じくらいの重要度で整理すると分かりやすいと思います。もちろん、譲れないくらいどれかが決め手であれば決断は早いかもしれません。

私が転職した理由がその3つの決め手だった

実際に私が転職を決める際に条件を整理して、後悔なく転職して転職した後も決め手が間違っていなかったと思ったので、記事を書こうと思いました。

それではなぜ、その決め手に選んだのかを解説していきます。

現状の仕事の満足度

私の仕事内容は入社直後では覚えることが多く、仕事って難しいと思いました。ただ、自分の能力と大きくギャップを感じなければ、そこまで辞めたいと思う人は多くないと思います。

どちらかというと、

就職した会社の内部構造が分かってきた、2年〜3年目の方が多いと思います。私はそうでした(笑)

ジョブローテーションもある企業も多いので一概に多いとは言えませんが、若手のうちは雑務などが多いので地道に上司へのアピールする事は必須です。

私は毎日の同じ仕事にやりがいを感じない、やりたい事ではあるが評価もされないという環境下で転職を考えるようになりました。

給与の額と昇級具合

私の転職の一番のきっかけはこれでした。

若い年次だとあまり給与の大きな差はなく、不満を感じにくかったのですが、

上司などの話を聞くと自身の会社がどの程度昇給していくのか大体分かります。(私はこれらをこっそり飲み会などで聞き出して上がりにくいことが分かったのです(笑)

個人の成績にもよりますが、良い成績を出しても評価者や会社の売り上げによっても必ずしもとは限りません。評価されなくて昇給しないのは当然ですが、ある程度成績を出しているのにもかかわらず、評価されないとなると悩んでしまいますよね。

これは自分で変えることができない会社の構造の問題である以上、改善は見込めないと判断しました。

社内との人間関係

これは結構、転職にもなりやすい点にもあり得ます。

辛い仕事があったとしても協力したり助けてくれたりすると、仕事は乗り越えやすくなります。私は比較的、人間関係がよかったので反対にこれが踏み留まった要素でもありました。

人間関係、これはいわゆる社風というワードに含まれると思います。

もし、毎日の仕事も窮屈な雰囲気だと仕事はしにくいですし、ストレスも溜まっていく一方になってしまいます。

まとめ

私は上記の3点について2つ以上が欠けているため、転職を考えるようになると思いました。まだ、1つが欠けている人は多くいると思います。これを2つ以上で転職か、3つ全てなら踏み切れるかは人によって異なると思います。

  • 現状の仕事の満足度
  • 給与の満足度
  • 人間関係の満足度

皆様には3つの条件はどう受け止められましたか。転職する際は社風や雰囲気を知るためにも、エージェントや会社を訪問する事もオススメします。転職活動をされている方の少しの励みになればと思います。

ブログのフォローなどお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました