【必読】失敗しない家づくりのコツ〜建築士の土地探し〜

家づくりの全て・コツ

疑問君
疑問君
家づくりを始めたいけど何も知らないから不安。
最低限、何を知っておくべきか知りたい。
かと言って建築士さんなんて身近にいないし…


こんな疑問を抱えている方が多いと思います。今回は家づくりを始める前に最低限知っておきたい注意点を解説します。

大切なのは土地探し

とりあえず家づくりをしよう!と思った方はまず情報収集から入ると思います。それはそれで大切なことなので行って下さい。

私が伝えたいのはどこで家を建てるかも重要だという事です。以前はこのブログで土地の坪単価を簡単に述べました。もちろん、土地の金額も重要です。

 

しかし、私が痛感したのは

それら以上に大切なのが【敷地条件】だということです。

駅からなどのアクセス、広さなどはよく一般の方でも参考にします。たしかにその大項目は重要で検討されると思います。それ以外の見ておきたい項目についても、描きますので土地選びの参考になればと思います。

なぜ土地の条件が重要なのか

敷地は色々な条件を持っています。これは私が仕事の中で土地の特性によって、間取りの変動、増減額の変更が起こった出来事を元に書いております。

・道路との高低差はあるでしょうか。あれば、その分工事費がかかります。

玄関まで段差が60cmでも階段が無いと超えられませんよね?

電柱やガードレールなんかも車の出し入れや門扉の支障になります。

それらを動かすには役所や電力会社に相談をしなければなりません。

ハウスメーカーの営業でも無断でしてはいけません。

・標識やミラーだって道路になくてはなりませんし、

支障になる場合があります。

敷地の周囲

しっかりとが出来ているでしょうか。

出来ていなければその分の費用はかかります。また、古い(だいたい古いですが…)場合は

現行の建築基準法で1.2m以下若しくは3.4m以下で控え壁を設けなければならないという法律があります。そこでまたその費用がかかるのです。

私が思うに、この問題を見落とす人は意外と多く、後からお客様に述べるとクレームになることが多々あります。

敷地の中では?

・高低差がある場合、これも土を入れたり削ったりで費用がかかる原因になります。

・稀にですが、防空壕の埋める工事、井戸跡の埋める工事などもあります。

敷地に給水管や排水管が入っていないとそれを引き込むのに道路を掘削する費用が発生します。しかもそれを不動産屋は教えてくれないケースが多いです。

知らないとはいえ、気にせず契約してしまうとそれに費用がかかるの⁈というお客様を私は何人も見てきました。

この記事を読んで頂いた方は大きく損をする事は無くなると思います。

相談したいけど、どこに行けばいいの?

土地が決まっていない段階でもハウスメーカーや工務店は図面を描いてくれます。(ここで描いてくれないメーカーは逆に殿様商売丸出しです)

ですから土地の資料を不動産屋で受け取り、展示場など店舗に行くのもOKです。

私も一緒に土地を見に行ったりして、お客様と実際に現場で打ち合わせしました。お客様がどうしたいのか、その場で大体わかります。

まとめ

最後はその敷地はどんな環境にあるのか見ておきましょう。敷地条件は不動産屋だけでなく、インターネットの土地情報にも結構必要情報は多く載っています。

それから土地の購入の検討には土地を実際に見に行って下さい。あと朝・昼・夜の3回は確認した方が良いです。

お隣は2階建ての住宅かマンションなのか、もしくは林や公園なのか。これは間取りにも大きく影響してきます。

もしお悩みの方がいらっしゃったら、コメントでもお問い合わせ欄でも構いません!

お気軽にご相談下さい!

ブログワード:住宅 戸建 敷地 法律 住宅ローン 軽減税率 特例 家づくり

コメント

タイトルとURLをコピーしました