【建築士の転職】建築業界の異なる職種と企業の違いのあれこれ

建築士の就職・転職
疑問君
疑問君
建築業界の転職って専門的だから誰かに聞いたい。
実際に建築士の転職情報は得れば良い?
市場状況やどんな仕事があるか知りたい!

結論

先に結論を言ってしまいますが、建築士の求人は膨大です。(特に一級所持者)

  • 求人数が多く採用されやすい
  • ゼネコン、設計事務所、ハウスメーカー、デベロッパー、公務員、インフラなど多岐にわたる職種に就くことができる
  • 転職サイトでも建築に得意・不得意がある

建築士の転職市場はどう?

まず、私が転職コンサルに伺った話です。

「建築士の転職は売り手市場。これは今の日本の建築業界で働く人材が少なくなってきているから。なのであまりこの状況は当分の間は変わらない。」(オリンピック後は多少右下がりだと言っていました)

 

建築士の免許を持っている方は職探しに困らないと思いますし、私が書類選考した際にそんな感触はありました。

しかし、合格率は高くありませんし、資格取得に対する学費等もそこそこあり、決して容易ではありません。

その見返りとして、という意味では建築業界に携わっていたら取得したい資格ですね。主にどんな業界へ就職するか?

私の就職・転職したことやその周囲の知り合いベースでお話しします。

1、ゼネコン

ゼネコンと言われる建設会社への就職を目指す方は多いです。特に建築系の大学を出られると多い割合でゼネコンへ就職しております。

ゼネコンへは設計と施工管理がありますが、どちらの職種でもいます。ただ、設計職は大学院を出ていたりと学生時代の内容を

精査される事が多い印象です。尚、一級建築士は必須だそうです。

2、組織設計事務所

やはり設計を強く志す方が多く目指すのが、組織設計事務所です。大手では日建設計や三菱地所設計、NTTファシリティーズなどが並びます。

これらの設計職でもゼネコンと同様の色が強いです。あとは大学との繋がりなどあるかもしれません。こちらも一級建築士は必須だと聞きます。

日建設計では「木造の設計のみのキャリア不可」と書かれており、ハウスメーカー出身の転職組を寄せ付けない態度をとっています。悔

3、ハウスメーカー、インテリア(内装)

この業界は私が経験した業界ですが、建築士を持っていればかなり有利になります。(求人数も多いです)

一級建築士ともなると昇格も固いです。二級建築士の方でも活躍してる方は多いです。

 

4、公務員

意外ですが公務員でも建築系の方はいます。私の周囲でも公務員の建築職の方は多いです。

建築士必須かどうかは階級などにもよりますが、市役所や県庁において建築審査課や管理課など現地に関する部署は建築系出身の方が多いです。

5、不動産、デベロッパー

これはいわゆる不動産の売買や開発業者のことを指します。大企業は比較的、文系エリートが多いという謎があります。旧財閥系の〇〇不動産とか〇〇地所とかですね。

私の偏見ですが学歴が高い人が行く割合が高いです。事実、私はグループ会社に所属していたので、親会社の同期と一緒に研修をした時に学歴の話になったのが理由です。

6、インフラ系

私が転職した先です。インフラとは言っても幅広いです。JRなどの電鉄系、電力やガス会社などもそうですし、高速道路などもそうです。

ここは土木系の技術者とフィールドが一緒になります。

まとめ

私が友人から転職コンサルまでの幅で聞いた中では建築系の就職先は主に6系統に分かれることがわかりました。

市販の建築系の就活本にはここまで幅広く書いておりません。

・ゼネコン

・組織設計事務所

・ハウスメーカー、インテリア

・公務員

・不動産、デベロッパー

・インフラ系

建築士が活躍できるファールドがいかに幅広いかお分りいただけたかと思います。少しでも就職、転職先の新規開拓の手助けになればと思います。

↓これはおすすめの書籍です。

ブログワード:建築 転職 就職 資格 建築士 ランキング 偏差値 ホワイト エージェント ポートフォリオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました