【勉強カフェ】東京都内で超勉強に集中できるアカデミーヒルズの評判は?

オススメ書籍

疑問君
疑問君
都内で勉強に集中できるカフェを探しているけど、
どこもうるさかったりで集中できない。
少し高いアカデミーヒルズってどうなの?


今回の記事は都内で私が一番勉強できた場所の記事です。

アカデミーヒルズへはどうやって行くの?

私は都内に住んでいながらも家で集中できないという結構悪いたちでした。人によって集中できる環境というものは違うと思いますが、今回はいわゆるインターネットでまとめ的なものではなく、

私が実際に行って勉強をした感想をまとめてみました。

私が行ったのは六本木ヒルズの上にある、「アカデミーヒルズ」というライブラリー一体型コワーキングスペースです。

ここは六本木駅から直結しているので、都営大江戸線や地下鉄日比谷線が乗り入れしているので、アクセスは抜群です。

 

そして六本木ヒルズのペデストリアンデッキ(テラス風の廊下みたいな?)で入り口に向かいます。六本木ヒルズのオフィスやショッピングセンターの入り口とは違い、オフィス入り口の裏側にあります。

アカデミーヒルズ・ヒルズクラブまで直通のエレベーターがあります。ヒルズクラブとは六本木ヒルズに勤務している人だけが、利用できる会員制の高級レストランです。

(このレストラン、デートには受け過ぎるとの噂!笑)

エレベーターを降りると、アカデミーヒルズの受付があります。綺麗で親切な受付嬢が丁寧に案内してくれます。ここで入会手続きなどを行います。

料金システムはどうなっているの?

利用形態は会員登録が必要で、月額制となっています。

月会費は¥9,000で、年一括払いは¥100,000となっております。(税別)また、入会月は事務手数料¥5,000と携帯電話の会社と同じ仕組みのようでした。

これはさすがに高いという方もいらっしゃいますよね。私も初めは「こんなの高すぎだろ」と思っていました。

ただ、この高いなりの理由を考えると意外と安いと私は思いました。

【アカデミーヒルズ】がお得と思ったわけ

筆者が経験したカフェでの出来事

正直、都内のカフェなどはリーズナブルで集中できる方もいらっしゃるかと思いますが、それでも人が多く、席などは朝早くに行かないと埋まってしまっているなどデメリットの面もかなり多いです。

また、Wifiが無いカフェあるいはWifiが有料である場合もしばしばです。

しかも、長時間の勉強やパソコン作業の行為を禁止するカフェなども増えてきており、肩身が狭くなる面もあります。

アカデミーヒルズのメリット

まず、アカデミーヒルズは会員制であるため意識が高い人から業界で長けた方達が多く利用しています。

私が利用していた時も、作業に集中している方が多く、グローバルな方も多くいらっしゃいました。

なんとこの内装は国立競技場を設計した建築家、隈研吾の設計です。かなり洗練されたインテリアデザインとモダンが素晴らしいです。夜はこんなに綺麗で東京タワーも見れます。

f:id:nekkusu:20191018011814j:plain

設備の面では基本的に窓に面してるので49階からの六本木の景色は格別です。(これだけで勝ち組なんじゃという錯覚)笑

ライブラリーカフェ空間は飲食が可能で、天井高が7m程ありました。ここだけでも席数は110席程度あるそうです。

ここには小さなカフェが併設してあるので、わざわざ六本木ヒルズの下まで降りて飲み物を買うなんてことも、しなくてもいいんです。また、この空間以外にもライブラリー専用ルーム、下記のように各1席ごとに区切られたブースが用意された部屋と、それに面するライブラリー空間で200席程度あります。

ここでは勉強やPC作業をする方がほとんどでした。Wifiはパスワードが入会時に案内されるので、

いつでもどこでもインターネットは利用することができますし、コンセントは一席に必ず一個はあるので、電源に困ることはありません。勉強や作業をしながらこんな風景です!

f:id:nekkusu:20191019160843j:plain

あとは何と言っても、かなり静かです。ある一部屋はパソコンのタイピング音を禁止しているので、それが気になる方も安心して利用できます。

まとめ

  • 静かな場所で集中したい方
  • お金を多少払ってでも極上の空間で集中したい方
  • 高層階が好きな方

これまで見ていただけた方はメリットがはるかに大きいと分かっていただけたかと思います。もちろん、安くはありませんのでお財布に多少余裕があり、作業のクオリティを上げたい方にはオススメです。

 

ブログワード:東京 都内 勉強 作業 スペース コワーキング カフェ ライブラリー パソコン 電源 wifi 静か 

コメント

タイトルとURLをコピーしました