【永久保存版】一級建築士の法規対策は年末年始でみんな始めてる理由

一級建築士試験

建築士の試験対策は約1年前から始まっています。その中でどうやって過ごしていくのか、モチベーションを保つのも至難の業です。

しかし、合格する人はしっかりやっています。今回は年末年始どう過ごせば良い?という疑問にお答えします。

年末年始は勉強確保できる貴重な時間

年末年始は仕事を休めて自分の時間を確保できる貴重な時間です。

 

とは言え、建築士の受験者にとっては勉強で差がつく時間でもあります。この時に差が出ることを合格者は知っています。

 

しかし、来年度のテキストが完璧に出ることはないです。法改正に対応するため、各出版社も全力で参考書の作成に取り組んでいるからです。

それでは何ができるのか?

 

それは「法例集の線引き」です。

法規の線引きは常に更新

法例集の線引きはかなり時間がかかります。私は二級建築士と一級建築士を計5年経験していますが、毎年、線引きをしていました。

 

なぜなら、微妙に線を引く場所が違うのです。これは2回以上受けないと分からない事実です。

(もちろん、一級と二級で線を引く箇所は大きく異なります

 

法改正もあるので絶対に毎年更新しましょう。

良い年を迎えて良いスタートを!

私も二級建築士の時は年末年始の時に線引きが終わらず、2月や3月にしていたこともありました。

するとどんどん授業は進んでいるのに、線引きは終わっていないので学習が捗らないのです。

私の経験ですが1日集中して線引きしても、1〜2週間はかかります。年始の早い段階で終わらせて、テキストの学習に進むのがベストです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました