【永久保存版】建築の就活・転職時のポートフォリオ作成の3つの注意点とコツ

建築士の就職・転職

疑問君
疑問君
建築企業の就職活動時によくポートフォリオを
面接時に作成していくけど、どう作れば良いの?
面接官にウケがいいやつとかあるのかな?


今回は建築学生が迷いがちなポートフォリオについて書きます。これ、結構先輩社員として就活生の話を聞いていると結構質問がある項目なんです。

ポートフォリオが必要になる業界

そもそも建築学生が受ける企業の幅は結構広く、建築学科を出られる学生は設計職を希望する学生が多いです。私の感覚でも営業や施工管理職よりも設計職が圧倒的です。

(そりゃそうですよね)

私が以前記事を作成した建築学生が就職する業界について、下記の記事でまとめております。その中でポートフォリオがその業界で必要なのか説明していきたいと思います。

  • ゼネコン
  • 設計事務所(組織設計含む)
  • ハウスメーカー
  • 不動産企業(デベロッパー)
  • 公務員
  • インフラ系企業
  • 内装デザイン企業

これらは建築学生が就けるケースが多い企業です。仕事内容はかなり違いますが、

設計として働く企業であるほどポートフォリオは重要になってきます。(下記のとおり)

・ゼネコン→設計職希望ならかなり求められます

・設計事務所→一番求められ、クオリティなども評価されるでしょう

・ハウスメーカー→設計職なら求められます

・内装デザイン→どの程度のセンスがあるかも見られます

上記の企業ではポートフォリオは必ず作成していきましょう。

ポートフォリオのクオリティはどのくらい?

一番気になるのはそのクオリティでしょう。まずは作品数についてですが、多い方がアピールできるものは多くなりますが低クオリティを無理して出す必要はありません。

通常の作品を1つ出すよりも、完璧に仕上げた1つの作品を出す方が面接官の印象は良いと思います。

それから模型を持っていく方もいらっしゃいますが、

A3のファイルにまとめる方法が適用できる場面は多いです。

(私は横開きのこれを使いました→A3横開きファイル

企業によっては書類の審査みだったりするからです。多くは面接中にプレゼンの時間を与えられ、発表する場合が多いです。その際、

少し遠くても面接官に見えてわかりやすいプレゼンを心がけましょう。(これは課題発表でも同じですね)

図面が絶対必要か考えたり、パースの重要性など検討してください。

私がポートフォリオの作成にあたって参考にしたもの

書籍でも建築家のプレゼン集は参考になったりします。下記は私がポートフォリオの作成にあたってどう見せるかを参考にした書籍です。(これは課題にも役に立つので買っても損はないと思います)

最後に自分が学生時代にどんなことをしてきたか、自己紹介プレゼンも入れても良いと思います。

私の場合は建築めぐりの写真やインターンの写真を載せました。ちなみに私は就活を始める少し前から作成し、完成までに3ヶ月かかりました。課題との同時並行でしたがかなり時間がかかりました。

少しでも参考になればと思います。

ブログワード:建築 就職 学生 ポートフォリオ 転職 作り方 学生 本 ソフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました