【建築士の仕事】谷尻誠氏が若き建築士に向けて重要なメッセージを伝える本

建築士

今回はつぶやき系での記事になります。あくまで個人的な観点ですが参考になればと思います。

そもそも建築士になるとは?

建築士とは意外と仕事の範囲が広いのも事実です。

実際に社会に出てみると、建設会社や設計事務所はもちろん、住宅やインテリア関係、その他建築に関わる会社で必要とされています。その中で自分は何をしていくのか、発見したいですね。

 

建築士とは一般的に建築物を提案し、設計して工事監理します。それらの技術や知識を求められますが、業界や企業によってかなり違います。

 

自分の働くフィールドによってスキルを発揮する、また、独立された建築家の中でも新たなフィールドを求めるがいます。

業界や企業の違いの中で働く

現在、日本の経済が不安な中で就職される方も多くいます。その先、就職したらどう働いていくのか。これが学生の時は本当に分かりません。

せめて少し噛み砕いている書籍は「建築学生のための就活マニュアル」です。

OB訪問などでもなかなか難しいですが、少しご説明します。

例えば、設計事務所は構造、設備、意匠に分かれた設計グループで構築されて、施工会社へ発注します。しかし、もともとの仕事はデベロッパー(開発者)です。その施工会社が建設会社です。

住宅で言えば、家を建てるお客様がデベロッパーという立場です。設計・施工会社がハウスメーカーなどですが、住宅関係については下記の記事に詳細があります。

建物の種類によって関わる企業が違いますが、ざっくりとこんな感じです。

上:建築物全般  下:住宅業界

就職は慎重にするべし!

建築業界は転職が非常に多いですが、資格(一級建築士)は必須です。

転職が多いのは仕事内容が違ったという方も多いですが、建築業界を志す方は仕事のこだわりが強いのも特徴です。他の業界でもこだわる方は多いと思いますが、建築業界もなかなかです。

それは意外と分かりやすく、企業ごとに建築のプロジェクトとの関わり方が大きく異なっているからです。

例えば、設計をやりたいのに施工管理(現場管理)をやっている。インテリア関係がやりたいのに積算ばかりだなど。

一見、建設会社の名前などで入社しても職種が異なっていたりと、大手ブランドで選ぶ方は特に注意が必要です。

建築士として働くということ

最後にこのタイトルにしたのは絶対読んでおくべき本があります。

 

それは谷尻誠さんの「CHANGE-未来を変える、これからの働き方-です。

建築家は設計した作品や評論(または対談)の本を多く出していますが、自分がどう働いているか、若手とどう向き合っているかという本はあまり出していません。むしろ、私は初めて見ました。

現代の日本に建築家としてどう向き合って、どう働けば生き残れるか、とても勇気をもらい参考になった本です。

社会人になった方にもオススメです。サラリーマンとして、会社の色に染まりすぎて、変えていくことを忘れた心を思い出してくれる、そんな本です。これは建築士を目指すなら読むべきです。

 

ブログワード:一級建築士 就職 転職 中途 難易度 採用 書評 CHANGE 谷尻誠 働き方 改革 建築家 設計 建築学生

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました