スポンサーリンク

【ウッドショックとは?】原因や見通しや今後の影響はいつまで続くのか?

生活

今回は建設業界で話題になっているウッドショックについて一級建築士が調べてみました。

【今回の疑問点】

  • ウッドショックって何?
  • ウッドショックはいつまで続くのか
  • ウッドショックは何に影響があるのか
この記事を読むことで、ウッドショックの原因から予定までを把握し、自分でできることは何かを把握できます。

【ウッドショックとは?】原因や見通しや今後の影響はいつまで続くのか?

 

スポンサーリンク

ウッドショックとは何か〜原因は〜

ウッドショックについての詳細は経済産業省のホームページで詳細に書いていますので、こちらでは簡単に説明します。

 

まず新型コロナウイルスの影響が考えられます。

 

2020年に新型コロナウイルスが流行している中で、アメリカで住宅建築の重要が急増してしました。その理由は在宅ワークが増えたためにそうなると木材の今日キュが追いつかなくなり、木材の価格がどんどん高騰していきます。

そうなってしまうと、アメリカ国内での木材が高くなるだけでなく、輸出にも影響が出てしまいます。

それがウッドショックの原因です。

新型コロナの影響でアメリカの住宅需要が高まり、木材の供給が追いつかなくなっている

意外かもしれませんが、日本の住宅に使われる木材のほとんどは輸入材です。これは日本より外国の方が林業で取り扱っている木材の量が膨大だからです。

外国の木材が手に入りにくくなると、日本国内で木材を調達しようという動きが始まります。そして、その流れによって国内でも高騰の現象が始まってしまいます。

これがウッドショックの全体的な流れになります。

日本の7割程度が輸入木材に頼っている

>>今のうちに市場で最も安くセンスのある家具ブランド購入はこちら

スポンサーリンク

ウッドショックは何に影響が出ているのか

ウッドショックの大きな影響はやはり新築住宅の着工(戸数)に影響が出てきます。大手ハウスメーカーであっても、外国の影響であれば免れることはできません。

 

かと言って、在庫を抱えるという業界ではありません。よって、日本でも新築の戸建て住宅には確実に影響は出てくるのではないかと思います。

 

しかも、鉄骨造やコンクリート造であれば影響ないかと言われると必ずしもそうではありません。木材は至る所で使われていますので、影響ゼロは少ないと言えます。

 

また、木材は家具でも多く使われているため、家具の値上げにもじわじわと影響してきているのが現状です。家具は若干の在庫を抱えている場合が多いため、すぐに影響があるとは考えにくいです。

もし、近いうちに購入予定がある方は今すぐに購入しておくことをお勧めします。下記は筆者オススメのリーズナブル・おしゃれな家具ブランドです。

>>会員登録で送料無料【SHIRAI STORE】

>>市場で最も安くセンスのある家具ブランドはこちら

まだ、数年先ということであれば様子をみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

ウッドショックはいつまで続くのか

ウッドショックが影響している今日ですが、必ずしも永遠に続くわけではありません。
バブルもそうですが、高騰があれば必ず暴落がやってきます。
アメリカなどの住宅供給に拍車がかかっているので、それが緩やかになってくれば高騰している要因が解消されるので、ウッドショックの影響は少なくなってくるでしょう。
重要なのはそこであまり振り回されない行動をしておくべきです。
また、日本の木材の供給体制においても変化があれば影響を受けにくくなってくることになります。
ここで大切なのは適切な情報をいかに早く捉えるかでしょう。そして、将来の予測をしていくことが大切です。
働き方が在宅ワークなど見直されて、住宅環境に注目が集まっていることで今後も重要視されていくでしょう。
ただ、新型コロナワクチンの接種も進み、徐々にもとの生活スタイルに戻っていけば過剰に反応する必要もなくなっていくわけです。
当ブログでは家づくりを始め、色々な建築の記事を書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました