" />

建築の就職・転職

【ホワイト企業】建築の勝ち組はデベロッパーかインフラに就くこと〜一級建築士は必須資格〜

建築業界とは幅がかなり広いです。これはなかなか学生の頃に業界全体を把握することや企業を見つけることはほぼ不可能です。書店で売られている業界地図というのもごく一部です。

【みなさんの悩み】

  • 建築士でもデベロッパーに就職できる?
  • 一級建築士は必須資格になるの?
  • 建築業界でホワイト企業なのはどこ?

などなど色々な質問が出てきますがこれらの疑問を中心に解説していきます。

この記事を読むことで、建築業界で勝ち組であるホワイト企業がどこか分かります。結論はデベロッパーやインフラであることの理由もはっきりと分かります。

【ホワイト企業】建築の勝ち組はデベロッパーかインフラに就くこと〜一級建築士は必須資格〜

 

建築士でもデベロッパーに就職できる?

結論から言いますと、建築士でもデベロッパーに就職は可能です。

 

しかし、デベロッパーは学歴と文系の塊です。これは少し大袈裟な表現で嫌なイメージと与えてしまったら申し訳ありません。ただ、私もかつてその実態を見ているので否定はできません。

学歴フィルターに対して肯定的な気持ちも持っていませんし、文系の方を悪くいうこともしません。ただ、デベロッパーはそういった出身の方が多いという事実をお伝えしたいのです。

 

当ブログで過去の記事で触れていますが、建築と不動産は密接な関係でありながらも建築は理系、不動産は文系という枠が厚くあります。

しかし、建設会社いわゆるゼネコンで現場経験をした方や組織設計事務所で設計経験をした方はデベロッパーにいく傾向があります。これは私がデベロッパーの人事に聞いたことがあります。

 

デベロッパーは主に発注者として設計・工事を発注するので資格な度は求められません。しかし、必要な知識が限りなく求められるので必要な人材と言えるのです。

>>【転職の本音】実務経験は必要?一級建築士がデベロッパーに転職するには?資格は?



一級建築士は必須資格になるの?

建築系での応募で目指しているのであれば、資格は持っておいた方がいいでしょう。しかし、直接業務で必須になるかと言われればそうではありません。

しかし、キャリアをプラスに見せるという時点で絶対に持っておくべきだと思います。

デベロッパーも上記で述べた発注する相手はゼネコンや設計事務所です。

 

通常、我々が就くことが多いこれらは建築系の資格を当たり前のごとく持っています。このプロ集団と対等に業務をこなしていくにはそれなりの知識が必要です。

そうなれば資格が必要だと言えることが見えてきます。

建築業界でホワイト企業なのはどこ?

以上の話から大体検討がついたかと思います。デベロッパーの企業であれば基本ホワイト企業となります。しかし、これは世の中でいうホワイト企業とは少し違います。

 

建築業界は基本的にブラック企業が多いということを知っておくと楽です。その中でも、デベロッパーは比較的ホワイトだということです。業務量は多いが待遇は良いというのは実態でしょう。

実際に年収ランキングでも見るとなかなか上位に出てくると思います。

ただ、難点はなのはデベロッパーがほとんど最大手企業であることです。これは日本の社会システムの悪い部分でもある採用試験を突破しないと実現しません。

私はデベロッパーではありませんが、同じような立場にあるインフラ企業に就職しました。

具体的にはインフラは鉄道や電力会社などが挙げられます。これらは日本の社会基盤に必要である企業の部類です。

最終的に勝ち組の定義は人それぞれですが、当ブログでは一般的な業務がある程度過多でない、年収が高いという定義で表しています。

 

私の体験談については下記の記事に記載しております。

>>【現実と夢】一級建築士がハウスメーカーからデベロッパに転職した話

また、私はリクナビNEXTを活用しました。その理由は転職エージェントをあえて活用しなかったからこそ上記の転職が実現しました。その理由も解説してます。

>>建築の転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

また、一級建築士を目指すなら絶対にこの記事を読んで下さい。

>>【一級建築士ってすごいの?勝ち組?】これから勉強する方や学生へ〜難易度を解説〜

>>【最短合格スケジュール公開】一級建築士試験の合格率や難易度は?勉強はいつから?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・一級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月達成している
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより

-建築の就職・転職
-, , , , , , , , ,