" />

建築の就職・転職

【一級建築士と英語】建築士に英語力は必要なのか・TOEICスコアは?

今回は建築士に英語力は必要かどうかという点について解説します。実際に私が転職活動などを通しての経験を踏まえて解説します。

【みなさんの疑問】

  • 建築士に英語力は必要か
  • 建築業界でTOEICスコアはいくつあると良いか
  • 一級建築士かTOEICどっちが先?
この記事を読むことで、あなたが目指している目標(仕事)には建築士だけでなく英語が必要かどうかが分かります。また、建築業界ではTOEICスコアはいくつあると生かせるかも分かります。

【一級建築士と英語】建築士に英語力は必要なのか・TOEICスコアは?

 

建築士に英語力は必要か

結論から言うと、建築士に英語が必要かどうかと言われれば目標によって必要・不要が分かれます。これについて、もっと深く解説していきます。

その前に建築業界で働こうと思っているのであれば、まずは一級建築士をとることをお勧めします。

 

建築業界では一級建築士という資格を持っているだけで評価される傾向にあります。

 

実務経験も大切ですが、経験があっても資格が無いと無意味です。

最近でもよくニュースになりますが、企業が無資格者を現場に置いて営業停止を受けているケースがよくあります。建築業界は資格者が本当に足りないんです。

 

さて、少し話すがずれてしまいましたが、建築士でも英語が必要なパターンと不要なパターンを解説します。

英語が必要なパターン

  • スーパーゼネコンで海外の仕事をする
  • 建築士事務所の所属で海外で働く
  • インフラ企業の派遣として仕事をする

 

スーパーゼネコンは海外でも仕事が多くあります。設計でも施工管理としても転勤になる可能性が多いになります。

海外の建築物を目の前に触れるには絶好の機会と言えます!

転勤する国によっても、かなり違うでしょう。

 

また建築士事務所として働く場合は、アトリエでも相当な有名所でないと海外で仕事をすることは難しいでしょう。元から海外に住んで仕事をするなら良いでしょう。

いずれにしても、英語力に営業力がなければ厳しい道です。

 

インフラは技術の結集と言える企業が多いです。鉄道でも道路でも、国境を超えて技術提供などをしているのでやりがいの大きい仕事になると言えます。少し、建築とは違った視点も得ることができます。

英語が不要なパターン

  • 必要なパターン以外の仕事

 

上記で挙げた仕事が具体的に海外で仕事をする場合に英語力を求められます。これら以外では、建築の仕事はそこまで海外に出ていくことは少ないです。

>>【ホワイト企業公開】実体験から建築業界の転職でも成功する見分け方を公開

建築業界でTOEICスコアはいくつあると良いか

これは少しTOEICの基本的な話になりますが、基本的に英語のコミュニケーションがある程度取れればもう問題無しです。

ものすごい語彙力が必要というわけではなく、ディスカッションがある程度できれば良いとされています。

TOEICの点数に置き換えると下記のようになります。

TOEIC点数
英検との比較
レベルの目安
300点
英検5級
初受験や英語初心者の方でもクリアーできるレベル
400点
英検4
英語の基礎的な学習のみでも取得できるレベル
500点
英検3級
新卒採用レベルですが、TOEIC全受講者の平均点は580点前後です
600点
英検準2級
中途採用の最低ラインのレベル
700点
英検2級
特に730点は海外出張など可能なレベル
800点
英検準1級
自慢できる点数で、特に860点は社内評価や転職にも断然有利です
900点
英検1級
大手外資系企業での採用基準です

引用:https://mysuki.jp/toeic-level-809

上記の表でも見てもらうと分かりますが、700点に届けば海外でも英語を使えるレベルになることが分かります。このラインを目安にしてもらえれば良いです。

一級建築士かTOEICどっちが先?

少し冒頭でお話ししましたが、一級建築士の方がTOEICよりも先に取ることをお勧めします。日本の企業は新卒を重んじる傾向がまだあります。

>>【失敗から学んだ】一級建築士は一発合格を目指してはいけない理由

 

最近は転職というのが少しずつ浸透してきましたが、それでもやはり新卒のブランドは大きいです。

私は数々の転職エージェントにお会いした時にこれをつくづく感じました。これについて書いた記事を参考にしていただければと思います。

>>【実証】成功する一級建築士の転職先は転職サイトやエージェントで決まる



先に建築士の資格を取得すれば、仕事の機会が増えたり転職のチャンスがグッと広がります。

その時に英語を生かせる企業へステップアップするのがベストだと言えます。もちろん、元々同じ会社でこの流れを踏むのが良いでしょう。

おそらく、建築にこだわる方は設計をやりたい方が多い傾向にあります。

どちらかというと、設計に拘らず現場や営業をやりたい方はそもそも建築業界出なくても良いはずです。その場合は英語力を高める方がキャリアが広がる可能性もあります。

英語の勉強法についても記事を増やしていく予定です!

>>TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・一級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月達成している
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより

-建築の就職・転職
-, , , , , , , ,