【体験談】マンションや戸建てを損をしないで売却する方法

家づくりの知識
スポンサーリンク

今回は私の体験談をもとに不動産の売却について書きたいと思います。

また売却の方法に関して、いくつかの方法があるのでそのメリットやデメリットについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

不動産を売却することとは

土地や建物が管理できなくなった時や、相続が発生した時に売却するケースがあります。

不動産を売却すると言う事は「自分の資産を売却する」ことになりますので、かなり慎重に行動することが必要です。

マンションや戸建て住宅というのは必ずしも、一生に一度の買い物というわけではありません。

スポンサーリンク

売却の前に

不動産の売却の前にどんな方法があるのか知ることが重要です。この方法を間違ってしまうと、売却できなかったり、損をしてしまったりしまいます。

なので今回の記事に関しては、最適な方法を記載したいと思います。

スポンサーリンク

売却の方法

①不動産会社に依頼する

②ネットで査定をお願いする

上記の2つの方法があります。

①に関しては実際に不動産営業の方にお会いをして、物件を見ていただき概要を把握していただきます。

実際に物件がどういった状況なのか、どのような過去があったのかを調査していただいてから売却を開始します。

実際に販売を開始してからお客様が現れて購入されたら売却が決まります。

しかし、売却されなかった場合(購入客が現れなかった時)は成立しません。

それでも売却したいときは、不動産外車に売ることになります。その時に気をつけたいのが、売却額がかなり下がると言うことです。

②に関しては、不動産会社へ行かずに不動産の価値が分かるので営業トークなどに付き合う必要はありません。

なので効率的に行動することができます。

売却の流れ

不動産の売却は以下の流れに沿って進んでいくことになります。

  1. 準備(相場の調査・書類の用意)
  2. 査定
  3. 媒介契約
  4. 売却活動
  5. 契約・引き渡し

媒介契約とは

ちょっと専門用語としてあまり馴染みが無いのが媒介契約です。

種類として一般媒介契約と専任媒介契約があります。違いはざっくりいうと下記の通りです。

一般媒介契約→複数の不動産会社に依頼して売却できる

専任媒介契約→1つの不動産会社に依頼して売却する

これは双方のメリット・デメリットを勘案されています。一般媒介契約は依頼主からすれば、複数の不動産会社が動いてくれるので売却する確率が高くなります。

一方、専任媒介契約は1つの不動産会社次第ということです。これは不動産会社にとってメリットがあるように見えます。しかし、一生懸命売却活動を行うことになりますし、買取保証のサービスの他にも様々な対応がされます。

経験した私が教えるオススメの方法

私がお勧めする方法は上記で取り上げた、ネットで査定してもらう方法です。

不動産外車へ行く手間を省き、須藤さんの価値を査定してもらうので効率的に資産を把握することができるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました