スポンサーリンク

【宅建試験】直前模試で5点も点数を上げる対策や講座・テキストは?

宅地建物取引士

今年も宅建試験が近づいて参りました。1年に1回にしか無いこの資格試験ですが、落ちるごとに老けていく。

そんなのはごめんだという方、受かりたい方は直前こそ勉強を頑張って下さい!と応援したい気持ちです。

そして、記事を書くに至りました。

【みなさんの悩み】

  • 試験の直前はひたすら問題を解く!
  • 裏技本で仕上げる!
  • 直前対策のテキストを買えばいいよね!

こんな感じで試験を迎えようとはしていませんか?私もこんな受験生でした。これで受かる方もいるかもしれませんが、私は無理でした。

【本記事の内容】

  • 試験直前でも過去問集の使い方
  • 試験直前で本屋に買いに行く絶望
  • 一発で受かるなら(5点上げる方法)

 

【宅建試験】直前模試で5点も点数を上げる対策や講座・テキストは?

 

スポンサーリンク

試験直前でも過去問集の使い方

宅建試験は1年に1回なので、1年近く勉強している方も思います。そのため、直前に何をしていいか分からなくなってしまう方もすくなくありません。

 

ただ、やはりご自身が学習してきた過去問集を使い果たすのは効果的と考えます。その理由は次のテーマにも通じますが、新しく書籍を買うことはおすすめしません。

 

過去問集は自分の苦手問題や覚えきれていない部分の抽出ができているからてす。ちなみに、直前テキストも売っていますがかなり絞って購入した方がいいです。

 

こんな事を言うと営業妨害かもしれませんが、なかなか的中しないからです。

 

通信講座の直前対策を申し込める驚異の合格率とスピード学習講座

本当に問題が的中するテキストだけを取り上げます。

この中から1つか2つ購入してやれば十分です。これ以上買いすぎると混乱します。

スポンサーリンク

試験直前で本屋に買いに行く絶望

さて、試験に本屋に行くとなぜ絶望してしまうのか。

それは、

色んな書籍に手が伸びて迷う時間も出てきて新しいテキストを1から解く

という手間ができるからです。

 

書籍を選ぶのに数時間はかかるでしょう。

さらに、新しいテキストで解かなくてもいい問題も解かないといけないので、時間のロスがとてつもないです。

もし、どうしても本屋に行きたくなったら手を伸ばすのは直前テキストだけにしましょう。

裏技本とかも本当に役に立ちません。あれで合格できれば資格学校は潰れます。本当に。

私も一度試しましたが、合格点数まで取ることはできません。

スポンサーリンク

一発で受かるなら(5点上げる方法)

今までの内容も踏まえて一発で合格するためには、資格学校の直前対策が1番です。

なんだ、講座の紹介かと思う方は記事を閉じて下さい。

資格学校の直前対策がなぜ、1番なのかというと的中率が高いからです。

資格学校の直前対策情報は市販のテキストとレベルが違います。資格学校によっても、情報レベルが違います。資格業界のグレーな部分です。

 

お金で資格を買うのもおかしいですが、一発で安く済ませるためにはある程度の支出はやむ得ないです。

下記の2つの講座がかなりおすすめです。やはり大手ならでは情報力で合格率も驚異です。

通信講座の直前対策を申し込める驚異の合格率とスピード学習講座

1985年からの老舗学校の実績で合格率を底上げされた講座

さらに大手資格予備校を比較分析した記事も参考に掲載しておきます。体験講座も行っているので、まずは資料請求などしてみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました