スポンサーリンク

【独学・通学の方】二級建築士に落ちる人の特徴〜合格発表を見て分かる〜

二級建築士

二級建築士の試験は二級だからと言って舐めてかかると必ず落ちる試験です。きちんとした対策をして臨みましょう。今回の記事は落ちる人の特徴を詳しく解説します。

【みなさんの疑問】

  • 二級建築士はどうやったら受かるの?
  • 落ちないためにはどうしたらいいの?
  • 落ちたけどどうすればいいか分からない!

いろんな方がこのブログを見ていると思いますが、ゴールは同じ。どうすれば次回受かるかについて解説していきます。

この記事を読むことで、二級建築士に落ちてしまう要因を発生させずに合格へのヒントを見つけることができます。

【独学・通学の方】二級建築士に落ちる人の特徴〜合格発表を見て分かる〜

 

スポンサーリンク

二級建築士はどうやったら受かるの?

二級建築士の試験は冒頭でも申し上げましたが、相当な対策をしなければ合格できません。ちょっとやそっとでは合格できないということを初めにしておきます。

 

その理由は2つあります。

その1つは受験者がみんな素人ではないということです。

よく実務経験がなくても合格できる資格であれば、合格率によってマークを奇跡的に多く正解させれば確率論で合格できます。

しかし、二級建築士はみんなある一定の教養を受けているか、実務をこなしてきているかのどちらかです。

いわゆる記念受験という形だけの受験者はほとんどいません。絶対的な知識は必要になるのです。

 

2つめは製図試験があるからです。

二級建築士をすでに調べている方以上であればご存知かもしれませんが、製図試験は図面を仕上げなければ絶対に不合格になります。

出題に対しての製図解答力を付けなければ合格することができないのです。

 

以上から二級建築士試験のハードルが意外にもかなり高いことがお分かりいただけたかと思います。

ただ、ちょっと安心して欲しいのはこれを知っているか知らないかで年間の対策と意欲が格段に違いませんか?

スポンサーリンク

落ちる人の特徴

これは資格試験に共通することかもしれませんが、落ちる人の特徴を解説します。先に結論から言います。

  • 出題の傾向が掴めないまま勉強する
  • スケジュールを立てずにひたすら勉強する
  • 自分の弱点を把握せずにひたすら勉強する

 

もちろん、これは一級建築士にも共通する特徴です。これができないと建築士の試験に合格することは難しいです。

特に重要なのは3つ目の自分の弱点を把握して克服することです。

 

資格を取得しようとする多くの方は通学を考えていると思います。もちろん、それがNGということではありません。通学をすれば出題の傾向がある程度掴め、スケジュールも強制的に立てられます。

 

独学の方は3つとも全てあなたご自身でコントロールしていかなければなりません。

これが不向きという方は通学を選びましょう。

ただ、通学もコストが膨大にかかります。筆者が独自にお勧めしている講座は製図のみ通信講座完結型です。

それはなぜかというと、スケジュールが決まっておりプレッシャーによるモチベーションの維持、出題内容を吟味された製図講座となります。

そして、弱点克服できる分析も通学時間からこれに割くことができます。通信講座ではやる気が出るための工夫が様々に凝らされています。

ご興味あればぜひ見てみて下さい。

>>本当に合格したい二級建築士設計製図通信講座はこちら

また、一級建築士の記事についてはこちら。

>>【保存版】一級建築士試験の学科・製図の合格率や難易度は?勉強はいつから具体的なスケジュールを公開!

【徹底解説】一級建築士講座の最短合格で安い資格講座とその理由~独自比較と実体験レポあり~

スポンサーリンク

落ちたけどどうすればいいか分からない!

二級建築士に落ちて凹んでしまう気持ち、それは私も痛いほどわかります。かつて、私も落ちている経験があるからです。

自分は建築に向いてないんじゃ無いかとかネガティブに陥ってしまうかもしれませんが、その必要は全く必要ありません。

 

確実に上記の勉強方法や私の経験談から得た戦略等を参考にしていただければ、必ず解答力は上がります。

当ブログには建築士をはじめとした記事を掲載しています。赤裸々な部分もありますが、ぜひ参考にして下さい。

>>【学科の突破法】二級建築士の学科試験は勉強方法で合否が決まる

>>【徹底比較】二級建築士の講座で安い!おすすめの高クオリティ講座は?

それを模試で実感して下さい。

きっとその頃に諦めるという選択肢は無くなっているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました