【解答速報】令和3年2021年の二級建築士学科試験の合格ライン・足切り・基準点について

二級建築士
スポンサーリンク

今回は令和3年7月4日に行われた学科試験について書きます。取り急ぎ速報。

 

【解答速報】令和3年2021年の二級建築士学科試験の合格ライン・足切り・基準点について

 

スポンサーリンク

学科試験の解答速報

今回は複数の資格学校の解答速報を拝見し、正しいと思う番号を記載しております。左から右に行くにつれて試験番号が大きくなっていく見方です。

計画

51132 25231 32424 12154 35334

法規

41255 45332 53455 23321 31241

構造

42245 21251 34115 31143 35425

施工

11343 33254 34552 12342 51452

スポンサーリンク

学科試験の総評

今回の学科試験は例年に比べて優しかったように思います。

計画に関してはほぼ過去問からの出題で、解きやすかったように思います。一級建築士並みの問題もちらほらありましたが、しっかり知識を固めた受験生にとってはさほどだったかもしれません。

法規も例年に比べて優しい問題が多かったです。このサイトで紹介している法規の攻略法を使えばほぼ満点は取れたと思います。

構造はやはり序盤の力学の計算問題を取れることが合格につながると思います。後半の文章問題では新出問題が出やすい傾向です。力学は合格につながるだけでなく、一級建築士の対策にもなります。

施工は全体的な難易度は標準的だったかと思います。ただ、基礎ができていないと難しいと感じた方もいるかもしれません。施工はどれだけ具体的なイメージができるかが合格の鍵です。

スポンサーリンク

学科試験の合格ライン(基準点・足切りライン)は?

今のところ(7/4 23:00)ですが、特に難易度の上下によって例年と変化があるかといえば、そんなこともなさそうです。よって、

各教科 13点  総合点60点

 

とさせて頂きます。しかし、今後のプロの見方によって変わる可能性があります。いずれにしても、少し点が足りなくても製図対策を行いましょう!とりあえず、試験お疲れ様です。
>>独学大歓迎!製図だけ受けたい方は必見!高合格率で¥99,000の究極講座とは

ぶっちゃけ独学で製図はかなり難しいです。

製図の対策は下記の記事を参考にしてみるといいです。私の合格して分かった事ですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました