【解答速報/独自予想有】2020年度令和2年宅地建物取引士(宅建士)の本試験合格ラインや解答速報まとめ〜解答や基準点まとめ〜

宅建士試験

このページは2020年度の宅建試験に対して各資格学校や通信教育の考察、データをまとめて、解答番号や合格ラインをまとめたものです。

本試験の解答番号

試験終了後各資格学校からの番号をまとめます。

11114211311413
24123221321424
32134233331432
43141244344444
51154254353452
63162263364462
72171272371471
82183283384483
93193293392494
102202304402503

【本題】合格ラインまとめ〜各資格学校まとめ〜

発表があり次第、更新していきます。

最新点情報への更新はこちら

※各学校の講師の予想は入れません。(予想が結局、所属校に流れやすい)

*的中率は過去9年の間で予想範囲に入っているかです。(±含む)

3334353637383940過去的中率*
TAC353637100%
LEC36373887.5%
日建学院373839100%
フォーサイト3675%
資格の大原38394062.5%
総合資格学院3839100%
クレアール35363783%
ユーカル3525%
九州不動産専門学校353650%
拓明館36373885.7%
ユーキャン363738100%
資格スクール大栄3850%
ken business school36373875%
宅建ゼミナール36373887.5%
日本ビジネス法研究所363738100%
e-planning353637100%
100%のみの予想点数24542

*本表の的中率は当ブログが独自に調査を行ったもので、資格学校の優劣を表したものでは有ません。

当ブログの予想合格ライン

分析中…

本試験の傾向や難易度の総評

各資格学校の見解をまとめることで、今年の難易度や来年度への傾向を探ります。

○全体的な難易度としては去年よりは難易度は低くなった。過去問をやり込んでいれば、特典できる年だったと言える。

○権利関係は比較的普通の難易度。特に新傾向などは無かったので平均以上は目指したい。

○宅建業法は比較的に容易で合ったことから7割〜8割正解したいところ。

○法令上の制限・他は新出問題があったことから少し難易度が高かった。

皆様の合格をお祈りしています!

試験の合格発表について

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました