スポンサーリンク

【解答速報・合格ライン】令和3年・2021年度宅建試験の結果を予想してみる

本記事では今年度の宅建試験について解答速報、そして合格ライン予想についてもまとめています。
 

本記事では、試験の解答番号や試験の総評、合格ラインについて複数の資格学校を比較してまとめていきます。

合格ラインに関しては随時更新していきます。

宅建試験は合格発表がされました!

スポンサーリンク

本試験の解答番号

試験終了後各資格学校からの番号をまとめます。

11113213313411
22122224321422
34134231331434
41143241342442
54153253353453
62162262361461
73174274373472
81182284384483
91194294391494
102203302403503

 

スポンサーリンク

【本題】合格ラインまとめ〜各資格学校まとめ〜

発表があり次第、更新していきます。

最新点情報への更新はこちら

※各学校の講師の予想は入れません。(予想が結局、所属校に流れやすい) *的中率は過去9年の間で予想範囲に入っているかです。(±含む)  

 3334353637383940過去的中率*
TAC 343536    100%
LEC 343536    87.5%
日建学院 343536    100%
フォーサイト  353637   75%
資格の大原(第二弾10/26 12:00公開予定) 343536    62.5%
総合資格学院  35     100%
クレアール(10/31より分析公開)        83%
ユーカル     38  25%
九州不動産専門学校 343536    50%
拓明館 343536    85.7%
ユーキャン 343536    100%
資格スクール大栄  35     50%
ken business school(10/19修正) 343536    75%
宅建ゼミナール(第二弾11月上旬公開予定) 3435     87.5%
日本ビジネス法研究所 343536    100%
e-planning 343536    100%
週間住宅タイムズ  3536    100%
タキザワ宅建予備校 343536    80%
住宅新報社  353637   71.4%
          
予想数 12171421   
100%のみの予想点数         
          
          
          
          
          
         

【筆者おすすめの資格学校】

■通信教育のフォーサイトとは?

フォーサイトは資格取得のための学校としてトップクラスの実績を誇ります。通信教育専門校として、受講生は累計で27万人を突破。国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。

>>2020年度の合格率は全国平均の3.92倍!短期間で宅建に合格できる話題の勉強法とは?

■アガルートアカデミーとは?

アガルートとはCMでお馴染みの、「最短ルートアガルート」。司法試験等 法律系の難関国家資格を得意とする通信講座です。 講義は全て収録されたオンライン映像にて受講するため, 通学型の予備校よりも安く講座をご提供しております。

>>宅建士講座・ゼロから始めて1年合格!

■クレアールとは?

クレアールは新合格法である「非常識合格法」を提供している。この勉強法に加えて、Vラーニングシステムとマルチデバイス対応でいつでも効率の良い勉強を提供しています。

>>資格★合格クレアールバリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

スポンサーリンク

当ブログの予想合格ライン

35点

>>【大手予備校比較】宅建の講座は通学か通信か?費用やメリットなども徹底比較

スポンサーリンク

本試験の傾向や難易度の総評

各資格学校の見解をまとめることで、今年の難易度や来年度への傾向を探ります。

内容はまとめ中です。

特に皆様の合格をお祈りしています!

>>【根拠有り】宅建士試験の合格率がなぜ低いのか?その理由

試験の合格発表について

試験の合格発表日は12月1日(水)となっております。

朝の9:30より不動産適正取引推進機構のホームページより掲載されます。 ホームページはこちら

しかし、毎年住宅新報社と週間住宅タイムズのSNSより合格ラインが発表されます!  

合格ラインは34点でした。

当ブログでの予想は外れてしまいましたが、低い分には喜ぶ方が多くて良いと思っています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました