スポンサーリンク

【評判や口コミ以上の暴露】無料で一括間取りのタウンライフでハウスメーカーの間取りを受け取る

建築の仕事

今回はインターネットで気軽に間取り図を取り寄せられるタウンライフについてメリット・デメリットを一級建築士が解説暴露します。

当ブログはお客様目線だけでなく、タウンライフから図面依頼が来た目線でも解説します。

【みなさんの疑問】

  • タウンライフって実際に無料なの?
  • 本当に資料請求すれば間取り図が来るの?
  • 実際に利用した人に聞きたい
この記事を読む事で、タウンライフを実際に利用するにあたって良いところと気をつけなければいけないところが明白になります。

【評判や口コミ以上の暴露】無料で一括間取りのタウンライフでハウスメーカーの間取りを受け取る

 

もう一度言いますが、タウンライフの口コミや評判について良い評価や悪い評価がインターネット上で横行していますが、実際にハウスメーカーの営業としてまたは設計として勤務したときの立場でも解説いたします。

スポンサーリンク

タウンライフって実際に無料なの?

タウンライフと言うホームページで資料請求をすれば、ハウスメーカーから間取り図や資金リスト等送られてくる事は事実です。

 

実際に、タウンライフのホームページを見てみると、以下の家づくり計画書が受け取れると記載されています。実際に、口コミや評判を見てみると費用がかかったと言う事はありません。

これはハウスメーカー側からしても、私が勤務していた企業ではお客様に図面を依頼されたからといって費用を請求したこともありません。

本当に無料という点は安心して頂いて良いと思います。

タウンライフはこちらから

スポンサーリンク

本当に資料請求すれば間取り図が来るの?

では本当に資料請求をすれば無料で間取り図が来るのと言う疑問に関してですが、

必ずしも1度の請求ですべての資料が揃うと言う事はありません。

 

これは資料が来ないのではなく、ハウスメーカー側がより詳細な情報をお聞きしないと、図面をかけないまたは概算金額を出せないといった条件があるからです。

これはお客様側が提示する土地の条件であったり、またはハウスメーカー側の商品形態において、構造的な要因やもしくは金額の算出方法が企業により異なるからです。

 

口コミにおいても実際に営業から電話が来ると言うことが書いてありますが、それは上記の条件をお聞きするために電話をすると言うこともあります。もちろん、営業をすることが目的と言う企業ももちろんあります。

ハウスメーカーと話し合うためには、メールでも可能ですが電話で対応となるケースもあります。

そのためお客様自身の体力もかなり必要となってくるので、絞ってから請求する方が良いでしょう。

スポンサーリンク

実際に利用した人に聞きたい

実際に利用した方々の情報をまとめました。

住宅展示場に行くより遥かに楽に資料が揃えられる

住宅展示場に行くと1つの企業に対して1時間以上の拘束をされます。それも、家づくりを考えていると尚更です。

よって、1日に全ての企業を聞いて回ることは不可能ですし、そんな体力はありません。

ハウスメーカーの営業からしても、すぐに帰ってしまうお客様には購入意欲がないと判断して、資料を渡さないことがほとんどです。

とはいえ、1人でも多くの顧客を捕まえたい営業にとっては資料請求からは購入意欲は見えにくいので、資料をとりあえず送って様子を見てくれる場合が多いです。

 

実際に私もそうして、メールや電話などでやりとりをしました。

そのことから資料を素早く集めたい方にとってはタウンライフは良いツールとして活躍してくれます。

ハウスメーカーによって資料の量は大きく異なる

タウンライフで資料請求すると全ての企業が同じ資料の数を送ってくるとは限りません。私さえも、営業だった時にお客様の情報によって、渡したい資料が異なります。

例えば土地探しの資料やリフォーム、新築でも規模の異なるシリーズなどです。

できるだけ間取りと金額も渡すケースもありますが、情報が不足すると金額が算出できないケースもあります。

個人情報はできれば教えたくないですが、より細かい情報をもらいたい場合はしっかりと入力した方が良いです。

無料だが個人情報の入力は必ずしなければならない

上記でも触れましたが、個人情報を入力しなければどこにどんな家を建てるべきかハウスメーカー側もわかりません。

よって、細かい情報を入力すればより細かく間取りや金額がわかります。

かと言ってもみだらに個人情報は漏らしたくありません。なので、タウンライフ上である程度ハウスメーカーを絞りましょう。

概算の算出方法は企業によって差がある

家づくりにおいて重要なのはハウスメーカーの算出金額はどのように出されているかです。

要はどこまでが金額に入っているかを把握することが重要です。まだ、タウンライフで資料請求する時点ではなかなか詳細に出してくる企業は少ないと思います。

概算であれば(例えば百万円単位)でも算出していれば、良い企業かと思います。フルオーダーの企業となると、図面がないと算出できない企業も多いです。

>>【超比較】ハウスメーカー22社の坪単価の比較一覧表まとめ

>>【3Dなど無料まとめ】高性能な間取り・インテリアアプリ〜作成や配置のレビュー比較〜

大手ハウスメーカーも揃っている

タウンライフでは地域の工務店や中小ハウスメーカーだけでなく、大手と呼ばれるハウスメーカーも揃っています。

大手ハウスメーカーだと住宅展示場の敷居は少し高い時ありますよね。

その資料さえ、「タウンライフでも気軽に、かつ、無料で請求できます。

大手や中小、地域の工務店のそれぞれを比較する上でも活用できそうです。

タウンライフはこちらから

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたいでしょうか。タウンライフの実態が見えてきたかなと思います。

結論としては、

  • タウンライフは気軽に無料で一括資料請求(間取り図や資金計画表など)ができる
  • 住宅展示場に行く手間が省けて効率よく資料が手に入れられる
  • 個人情報は提供しなければならない
  • 資料の良し悪しはハウスメーカーによって異なる場合がある

以上のことを意識すれば、使ってみて違ったなと思うことは無いと思います。

タウンライフはこちらから

これはプロフィールからも私もことがわかりますが、実際に経験に基づいて記事を書いていますので、信頼できるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました