" />

一級建築士試験

【2022年令和4年度】一級・二級建築士の試験日程が確定した・勉強スケジュールは?

いよいよ来年度の2022年度である建築士の試験日程が確定しました。

【みなさんの疑問】

  • 試験日はいつ
  • どんな対策をすればいい?
  • 建築士の勉強方法はどうすればいい?
この記事を読むことで、建築士の勉強法とそのスケジュールを立てることが容易になります。(参考日程あり)また、製図試験での例文テンプレも本ブログオリジナルを限定公開しています。(多数販売実績あり)

【2022年令和4年度】一級建築士の試験日程が確定した・勉強スケジュールは?

 

試験日はいつ

2022年度の試験が発表されました。建築技術教育普及センターの試験元からの抜粋となります。

●受験申込受付(インターネット受付のみ)

4月1日(金)10時00分から
~ 4月14日(木)16時00分まで

【注意点】初受験の方は、受験資格を証明する書類を簡易書留による送付し、受験資格の判定(4月下旬から6月中旬)を受ける必要があります。

●受験票の発行

7月8日(金)頃
受験票のダウンロードが可能
(重要)各自必ず印刷したうえで試験会場に持参

●設計製図の課題発表

7月22日(金)※予定

●学科 試験日

7月24日(日)

●学科試験 合格発表

9月6日(火)※予定

●製図 試験日

10月9日(日)

●合格発表

12月26日(月)※予定

ほぼ一年かけてスケジュールを追う必要があります。これに対し、自分がいつなにをやるか、弱点や点数を上げる勉強法を行うことが重要です。

どんな対策をすればいい?

建築士の勉強は基礎を固めないと、足元をすくわれる試験となっています。

それには直前で詰め込む勉強では受からないようになっています。

 

もう本当に、試験範囲が膨大すぎて10年分の過去問のあちこちから出たり、新出の問題もかなり出ます。

  • 直前の詰め込みでは受からない
  • 直近数年の過去問では太刀打ちできない
  • 新出問題もバンバン出る

 

よって、試験の対策内容はとにかく基礎を固めて覚えながら、出題傾向に慣れることが一番の勉強法となります。

対策はこのブログで紹介しているスケジュールですと、昨年の11月から基礎的な勉強を始めるようにとしています。

>>【最短合格スケジュール公開】一級建築士試験の合格率や難易度は?勉強はいつから?

 

しかし、そんな計画的な勉強、なかなか腰が上がらないですよね。独学でやるとなると、モチベーションの維持にも関わってくるのでかなり難しいところです。

かといって通学というパターンを取ろうにも、もうカリキュラムは進んでいます。

今から効果的に学習する方法はないのか?という疑問が残ります。

いつからどうすればいい?

でもいくつか選択肢はあります。

もし既に勉強を始められている方であれば、そのまま全力で進めてほしいですし、これからの方は急いで基礎を固めながら過去問を解いて、出題傾向に慣れる必要があります。

基礎を固めながら過去問を解く方法は「通信講座」を活用する方法が一番です。

 

それ以外ですと、やはり通学で強制的にモチベーションを上げることです。

今の時期から独学だと、情報量もかなり厳しくなってくることは想像につきます。

当ブログではそのスケジュール根拠と通信講座をおすすめする理由も載せています。実際に私も体験してみて、モチベーションにはうってつけのツールです。

=>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

>>【失敗から学んだ】一級建築士は一発合格を目指してはいけない理由

それ以外にも、勉強法ほうやお役立ち情報を載せています。

>>【本当の難易度】一級建築士って難しい?学科や製図はどのくらい難しいのか

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・一級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月達成している
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより

-一級建築士試験
-, , , , , , , , , , ,