このページはプロモーション(広告)を使用しています。 1級建築施工管理技士

1級建築施工管理技士の過去問を活用!研究すべき理由と選び方を紹介

建築施工管理技士の過去問活用

こんな方におすすめ

  • 1級建築施工管理技士試験での過去問の重要性は?
  • 過去問はどこで手に入る?
  • 過去問をどう勉強に活かせばいい?

1級建築施工管理技士は建築業界で最も重要な資格の一つなので、合格を目指している人が多い人気資格です。

 

1級建築施工管理技士の試験に合格するためには、過去問研究が重要になります。勉強の仕方、進め方は人それぞれですが、絶対に過去問は欠かせません。

 

この記事では、過去問を活用して1級建築施工管理技士の合格を目指すべき理由と、過去問の手に入れ方や選び方について紹介します。

1級建築施工管理技士の過去問研究が重要な理由

過去問

1級建築施工管理技士の試験合格を目指すときに、なぜ過去問研究が重要なのでしょうか。

 

まずは過去問を活用するメリットを理解しておきましょう。

試験範囲の意味をよく理解できるから

1級建築施工管理技士の試験において過去問を研究することは、出題範囲の理解を深めるのに非常に有効です。

 

試験は第一次検定第二次検定という二段階で構成されており、第一次検定では建築学等施工管理法法規の三つの領域が出題対象となっています。

 

一方、第二次検定では主に施工管理法に関する問題が出題されます。範囲が非常に広いので、試験の要項だけでは具体的な出題内容を把握するのが難しいです。

 

そこで過去問の研究が重要になります。

 

過去の試験問題を通じて、実際にどのような問題が出題されているのか、出題傾向はどのようなものなのかを具体的に把握できます。

類題が出題されると解きやすいから

1級建築施工管理技士の試験では、同じような問題が出題されることもあります。

 

例えば工種名等は毎年出題されているので、過去問で勉強しておくとすぐに解答できるでしょう。類題が出題されたときにも対応しやすくなるため、過去問研究をすると合格率を引き上げられます。

1級建築施工管理技士の過去問を入手する方法

1級建築施工管理技士の過去問は簡単に手に入ります。

過去問を勉強する

 

ここでは過去問を、どこで入手できるのかについて紹介していきます。

公式サイト

1級建築施工管理技士の試験は、正式には1級建築施工管理技術検定といい、資格認定は一般財団法人建設業振興基金によっておこなわれています。

 

建設業振興基金では過去問を公開しているので、公式のデータをPDFファイルでダウンロードできます。

 

試験問題第一次検定は正答と配点、二次検定は問題のみの公開になっています。古い過去問は手に入らないので、新しいデータを見たいときに適しています。

過去問サイトや資格サイト

1級建築施工管理技士は受験希望者が多く人気資格でもあるので、過去問サイトや資格サイトも存在します。

 

これらのサイトで過去問を無料ダウンロードできますし、また簡単な解説も付いているサイトもあります。例えば以下のサイトでダウンロードができます。

 

過去問の書籍・参考書

過去問集は書籍としても販売されています。1級建築施工管理技士を紙媒体で勉強したい方にとっては勉強しやすいでしょう。

 

また、参考書に過去問が付属していることもあります。こうした書籍や参考書では過去問の解説がしっかりしているので、独学の教材として使いやすいのがメリットです。

受験対策アプリ

1級建築施工管理技士の受験対策アプリを使用して過去問演習ができます。

 

過去問を数年分にわたって収録しているアプリが公開されています。アプリは一問一答式で、スマホを使っていつでもどこでも勉強できるのがメリットです。

 

通信講座

通信講座では、1級建築施工管理技士に特化したカリキュラムを作成して教材を提供し、試験合格を目指す人をサポートしています。

 

講座内においても過去問対策は重要と考えられているので、カリキュラムの中に含まれていたり、Web上で過去問と解答解説を見られることがよくあります。

 

独学で過去問をやっているだけでは1級建築施工管理技士に合格できるとは限りません。通信講座を使って総合的に学習して合格を目指すのは賢い方法です。

 

当サイトでも通信講座についてランキングで解説していますので参考まで。

【2024年版】1級建築施工管理技士のおすすめ講座5選と口コミ・勉強法も解説

続きを見る

 

1級建築施工管理技士の過去問の選び方

ひらめき

1級建築施工管理技士の過去問の入手先は多いので、どこで手に入れたら良いかがわからずに困ってしまうことがあります。

 

過去問の入手先の選び方で重要なのは以下のポイントです。

 

  • 解説がわかりやすい
  • サポートがあって質問できる
  • 類題で学べて応用力が身につく

 

試験合格を目指すためには、過去問で出されている設問の内容と解答の関係を正しく理解することが大切です。解説がしっかりと整っていてば、理解がしやすく勉強の助けになるでしょう。

 

ただ、解説だけでは理解が難しいこともあります。そのような場合、通信講座などサポートを受けられるサービスから過去問を取得するのがおすすめです。類題での演習までできるサービスなら、合格までの総合力を身につけられます。

まとめ

この記事の要約

  • 過去問を勉強することで出題範囲の理解が深まり合格率を高められる
  • 新しい過去問データは公式サイトからダウンロードできる
  • 古い過去問は過去問サイトでダウンロード、また書籍やアプリでも取得できる
  • 過去問と合わせ通信講座で学習を進めることで最短で合格を目指せる

1級建築施工管理技士の検定試験は、過去問を研究して勉強を進めると効率が上がります。また過去問は、わかりやすい解説があるものを選びましょう。

 

新しい過去問であれば公式サイトからもダウンロードできますが、古い過去問まで遡って勉強すると出題範囲の理解が深まり、類題への対応力も高まります。

 

そして類題やサポートが充実していると学びやすくなります。通信講座では過去問対策の手厚いサービスがあるので、効率的な過去問学習のためにも検討してみましょう。

【2024年版】1級建築施工管理技士のおすすめ講座5選と口コミ・勉強法も解説

続きを見る

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・1級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより

-1級建築施工管理技士
-, ,