戸建て住宅の木造や鉄骨造の解体費用の相場は?坪単価や見積もり解説

家づくりの基礎
スポンサーリンク

住宅の建て替えや土地を購入した際に既存の建物は解体しなければなりません。そこでどの業者に依頼すれば良いのか、、ハウスメーカーにお願いして良いのかについて解説いたします。

  • 木造や鉄骨の解体費用の相場ってどのくらい?
  • 坪単価で比べるといいの?
  • 見積もりの見方で注意したところってどこ?

などなどお悩みの相談は現役の頃に受けていました。営業マンに会うのがメンドイ!という方向けに本記事をまとめました。

  • 解体工事について(坪単価解説)
  • 木造と鉄骨の比較(ついで鉄筋コンクリートも)
  • 見積もりと値引き交渉とその他注意点まとめ

戸建て住宅の木造や鉄骨造の解体費用の相場は?坪単価や見積もり解説

スポンサーリンク

解体工事とは

まず解体工事とは建物を壊すことですが、解体業者でも廃棄できないものがあります。なので業者の方には一度、現場調査をしてもらうことをおすすめします。

実際に解体工事は下記のようにおこないます。

  1. 現場調査
  2. 見積もり提示
  3. 近隣あいさつ
  4. 電気や水道の確認
  5. 飛散防止等の足場設置
  6. 解体工事開始
  7. 廃棄物撤去
  8. 整地

上記のように計画的に工事をすることが重要になります。

よって、今はほぼなくなりましたが悪徳業者ですと廃棄物の撤去が甘かったり、技術や知識が不足しているなど見抜く必要があります。

さて、続いて解体工事の相場ですが構造と規模によって相場は下記の通りとなります。

家の構造30坪の解体費用50坪の解体費用80坪の解体費用
木造100~150万円180~250万円200~300万円
鉄骨造150~200万円200~300万円300~500万円
RC造180~300万円250~400万円500~800万円

 

坪単価については下記の記事にて詳しく解説しています。(少しテーマが違っているので飛ばして見てください!)

 

解体工事も坪単価にあなたの解体予定の坪数をかければ算出できます。

スポンサーリンク

木造と鉄骨(ついでに鉄骨コンクリート)の比較

そこで構造によって大きく坪単価が変わるので一般的な相場をメモしておきます。

木造:40,000円/平米

鉄骨造:60,000円/平米

鉄筋コンクリート造:80,000円/平米

これを坪数にかければ解体費用のざっくりとした概算が出ます。

スポンサーリンク

見積もりと値引き交渉、注意点など

見積もりについて

工事の見積もりについてですが1番は解体する構造によって値段が大きく変わります。

その他にも廃棄する量などによって変わりますが構造が大きく影響します。

既出の坪単価はあくまで工事費用だけですので、処分費用等雑費などが別途かかってきます。

解体工事で出た廃材は木材や鉄骨だけでなく、石膏ボードやガラス、タイルなど分別することが必要です。

そして、それらの比率によって金額が変わることもあります。

これはゴミの捨てる分別などをしっかりしようと言うリサイクル法なども影響しているため一括で処分できなくなったことも理由の一つです。

解体費用を下げる方法

解体工事にお金はかかりますが、自分の行動によって下げることも可能です。その方法について下記にあげていました。

  • 不要な家具は捨てておく
  • 不要な植栽は撤去しておく

上記の家具は廃材で分別する手間を省くため金額が下がると考えられます。また、植栽については伐採の手間等も含まれるので費用削減できます。

解体工事の補助金

解体工事について地域などによっては補助金が出る可能性があります。

木造密集地域等は火災を抑制するために建て替えが進められています。その一環として補助金が多く支給されたりします。

自治体のホームページなどを見てチェックしてみましょう。意外と忙しい営業マンはそこまで探す手間が無い場合がたまにあります。

解体工事の注意点

解体工事をするにあたって上記の他にも注意する点があります。

それは工事をするタイミングです。

土地には固定資産税や都市計画税等が課税されます。その課税額を評価するのが土地がどういう状態にあるかと言うことです。

そして、更地(建物が何もない状態)だと価値が高めにみなされます。そのため多く税金を払う必要があります。

ただ、あくまで課税のタイミングで判断されるので、そのタイミング後に書いたりするのが良いでしょう。

解体工事は1つの業者だけではダメです。

複数社で見積もりを検討して、工事内容や金額をしっかり比べて判断してください。

解体工事の一括見積もり依頼はこちら

解体工事の優良業者紹介は→こちら

家づくりの記事についてはこちら↓

>>後悔しない戸建て購入の際の注意点を元営業マンが教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました