" />

アプリ

【一級建築士がレビュー】ホームデザイン3Dのアプリを使ってみた〜Home Design〜

 

たくや
今回のアプリはHome Design3Dというアプリについて解説します。このアプリはかなり多彩な機能があるため、パソコンの方がオススメかもしれません。

 

こんな方におすすめ

  • 間取りを作って3Dで試したい
  • インテリアの構成からカラーまで作成したい
  • アプリでどこまでリアルに作成できるのか知りたい

 

 

ホームデザイン3Dアプリとは?

 

このアプリの無料でできる範囲は既存の図面編集や3Dを見たりすることです。新規に作成となると有料となりますので、部分的に楽しみたい方は無料で操作できます。

 

 

こんな感じで図面は詳細まで表現されており、寸法なども入るので情報などもパッと見てわかりやすくなっています。

 

 

有効寸法(実際の部屋の内側の長さ)も表記されるので家具配置にもかなり役立ちますね。

 

3D操作でできること

 

実際の3Dは下の画像のようにクオリティは高いです。

 

 

右側の2Dボタンで平面図に戻れます。3Dにするには同じボタンを押すだけです。時間もほぼ掛からないのでストレスもかかりません。

 

3Dの画面では編集するというよりは、平面で作成した内容をチェックする、楽しむといった形になります。ウォークスルー(3D空間を歩く)もできるのでリアリティが増します。

 

有料版でできること

 

有料版になりますと、自分で1から間取りを作ることができ、間取りやインテリアの雰囲気も自由にできます。

 

初心者の方にというよりかは、専門の方に向いているアプリかもしれません。細かい部分の編集などはパソコンで行わないと煩わしいところもありそうです。

 

最後に

 

無料ではかなり機能が制限されますが、アプリの性能は良いので有料版だとそれなりに使えると思います。

チェックリスト

  • プロの方は有料版がおすすめ
  • 素人の方で少しだけという方は別のアプリの方がいい

 

 

他のアプリについてもまとめています。

【無料まとめ比較】3D高性能な間取り・インテリアアプリ〜作成や配置の〜レビュー比較〜

続きを見る

間取りのことについて解説している記事を下記でまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

ちなみに、家づくりで本当に苦しめられる間取りと資金計画表について一括でネットから請求できるサイトがあります。これは私も対応していました。大手ハウスメーカーにも対応していますので、夢づくりの実現も可能です。

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・1級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより