" />

アプリ

【レビュー】Planner 5Dアプリの使い方や有料・解約、PCとスマホの違いについて

たくや
今回はPlanner 5Dというアプリのレビューを書きます。このアプリは間取りの検討をするというよりかはインテリアを考えたいという方に向いているかもしれません。

こんな方におすすめ

  • 賃貸に住んでいるけど家具の配置で雰囲気がどうなるか見たい
  • マンションでインテリアの雰囲気を確認したい
  • 庭のデザインを考えたい

 

Planner 5Dのアプリの使い方を解説

 

アプリを始めると下の写真のような画面が開きます。今回はiphoneの操作画面にて説明します。

 

 

 

非常にスッキリしていて使いやすい印象です。わかりづらいコマンドがないので、無駄が無いです。

 

プロジェクト(間取りデータ)を作成するには単純に「+」を押すだけです。

 

 

プロジェクト管理画面が初めに開きます。無料版でもいくつか新規で間取りを作成することができます。

 

そして、下の写真のように図形を配置していって3Dが立ち上がるイメージです。

 

 

ちょっと私の方で手を加えてみました。簡単に一部屋と庭です。建具の種類で鍵マークがかかっていないのが、無料版で使えるものです。有料版のみ:建具が全て使えるということになります。

 

 

そしてこれを3Dにすると…ポチ

 

3Dも粗くなく良くできています。レンダリング(3Dデータ表示)も時間はかかりません。しかもカメラと連動することで、現実世界とリンクさせてスマホを傾けて色々なところを見ることができます。

 

 

こんな感じでパソコンの上に置いてみました。笑 評価は難しいですが素人からは無料でCGを遊べ、プロには非常に使いやすいアプリです。なんと言っても操作画面が複雑すぎないところがいいと思います。

 

実際、部屋パーツや家具の選択画面はこちら。

 

 

有料版との違い

 

冒頭に少し触れましたがパーツの機能は制限されています。なんでも出来るわけではありません。有料になると下記のような機能が追加で使えるようです。

 

 

最後に

 

基本的にこのアプリは使いやすく、クオリティを求めなければ素人の方でも素晴らしいものができそうです。しかし、家具やデザインのこだわりがあると有料版になります。

 

寸法など図面の細かい部分を入れたい方は他のアプリの方が向いているそうです。他のアプリについてもまとめています。

>>【3Dなど無料まとめ】高性能な間取り・インテリアアプリ〜作成や配置のレビュー比較〜

 

間取りのことについて解説している記事を下記でまとめていますので、ぜひご覧ください。

>>【注文住宅の間取り】失敗しない間取りの決め方を元ハウスメーカー設計士が公開します

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・一級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月達成している
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより