" />

就職・転職

建築士の将来性は?AIに変わる一級建築士の未来について解説

 

たくや
今の時代、仕事がどんどん機械化してきていますよね。自分の仕事も将来的になくなってしまうのではないか。と不安になりますよね。今回はそれを建築士ではどうなのか解説します。

こんな方におすすめ

  • 建築士の仕事って何をやってるのか
  • AIに置き換わるやすい仕事って
  • 建築士はAIになりうるのか

ココがポイント

この記事を読むことで、将来的に建築士の仕事の需要含めてどうなるかを解説します。もちろん、未来のことを誰にも分かりませんが、業界の傾向から読み解きます。

 

建築士の仕事って何をやってるのか

 

建築士の仕事について意外と知らない方が多いのではないでしょうか。とはいっても、反対に全て知っている人の方が珍しいです。

 

人によって色々な建築士を想像すると思います。

 

例えば、家を設計する人、大きな事務所ビルを設計している人などがイメージがつきやすいかと思います。

 

しかし、建築士は本当に至るところで働いています。活躍できる場所がいっぱいあるんですね。そのことについては下記に記事で解説しています。

 

つまり、色んな働き方があるのです。

 

AIに置き換わるやすい仕事って

 

AIに置き換わりやすい仕事ってなんでしょうか。

 

私がビジネス誌でよく見るのが、簡易作業を繰り返し行う業務や窓口業務が多いです。

 

例えば、一般事務職や銀行員や警備員もわかりやすくロボットでも働けるんじゃないかと想像できると思います。

 

しかし、人的に責任が背負う仕事や都度判断が必要で考えることが要求される仕事は置き換わりにくい傾向になります。

 

下の図を見てみましょう。

引用:ダイヤモンドオンラインより

あまりブルーカラーやホワイトカラーは気にせずにみて頂いて良いのですが、上下で見るとさっきの説明に当てはまると思います。

 

考える仕事が下(置き換わりにくい)で、単調な作業の仕事(置き換わりやすい)が上にきています。

 

もちろん、これは今後の技術の発展によって変わりますが傾向として捉えておくと良いでしょう。

建築士はAIになりうるのか

 

先ほどの図を見ていただくとお分かりかと思いますが、建築士はAIに置き換わりにくいとされています。

 

ここからは私の持論になりますが、建築士の仕事はアイデアでいかに多く生み出せるか、また大きな責任が伴い、さらに判断の連続が続きます。

 

もちろん、色々なポジションでの仕事があると思いますが、これをAIに任せるには相当な技術が必要だと思います。

 

もし、建築士がAIに置き換わるなら他のほとんどの仕事がAIになっていると思います。ただ、そんな未来はあまり想像はできません。

 

特に思うのはAIはあらゆる選択から最良の判断はできると思いますが、思いもよらない、想像できない選択はできないと思います。

 

経験無しの判断はやはり人間しかできません。

 

だからこそ、クリエイティブな仕事はAIに置き変わらないと思います。

 

転職はヘッドハンターの質で大きく異なります。

 

ちなみに当ブログでは私の勉強方法や就職・転職については下記の記事から

一級建築士ってすごいの?勝ち組?これから勉強する方や学生・社会人は見ておきたい理由

続きを見る

一級建築士試験の勉強はいつから?合格スケジュールとテンプレも公開

続きを見る

一級建築士の私がハウスメーカーからデベロッパーに転職した方法を公開

続きを見る

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・1級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより