" />

就職・転職

建築士の転職は難しい?未経験や資格など転職先をホワイト企業にする方法

 

たくや
建築業界ってかなり幅が広いけど転職するにはやっぱり、エージェントに相談した方がいいの?と思う方は要注意です。

こんな方(建築士)におすすめ

  • 転職エージェントに勧められる求人にいまいちピンと来ない
  • どうやったら上手く転職はできるのか
  • ホワイト企業へ転職したいけどコツはあるのか

 

結論

この記事を読むことで、転職を考えている方は建築業界での転職する方法を知り、どのようにあなたが動いていけばいいかが分かります。知らないことは怖いです。

 

自己分析〜社会人ver.は絶対にやる

 

自己分析は皆さんが就職活動で一生懸命やっていたと思います。だから、自分の性格なんてわかってるし、仕事も方向性の説明はしやすい。なんて思ってる事でしょう。

 

ただ、自己分析は社会人だからこそ絶対にやって下さい。

 

仕事でも同じように準備が7割なんて言いますよね。ブログやプレゼン、資料作成などは準備をして、構成を考えてどのようにしたら相手に伝わるか考えてから仕上げますよね。

 

それと同じで、ある程度予測できる質問に対応できるよう準備をするのです。自己分析についてはマイナビの本が1番分かり易かったです。

 

エージェントは情報収集としてだけ使え

 

あくまで私のやり方なので絶対ではありませんが、同じ境遇の方は是非試して欲しいです。

 

まずは私もビズリーチで色々なエージェントの方と面談をしました。ですが私の希望は難しいとたらい回し故、手伝ってくれるエージェントはいませんでした。

 

私が2人の転職エージェントと面談して分かったのは、現実を見ることでしか転職を考えてくれません。

 

要はこちらの希望は聞きますが、聞いたとしても実務経験的に可能か、資格を持っているかなどです。

 

まあ私も一級建築士という資格は持っていましたことで、贅沢な要望も言っていたことも原因ですが、転職活動のタイミングや難しいなりの求人などの情報は色々教えて頂きました。

 

私も元々ハウスメーカーの営業でしたので、エージェントのノルマや数字のにおいがプンプンする方は嫌いでした。(とりあえず、良い人材なら企業へ選考を薦めるみたいなものです。)

 

一級建築士の転職は有利?公務員などホワイト企業へ就職する方法を解説

続きを見る

 

紹介求人は捨てて自分で理想の求人を見つけるべし

 

これはあくまで私の実体験です。(プロフィールに詳細を記載しています)

 

私は一級建築士を持っていましたが、ハウスメーカーからデベロッパーや組織設計、ゼネコンへの転職は厳しいと何人ものエージェントに言われていました。

 

たしかにキャリア採用は経歴を見る傾向はありますが、諦めきれずずっと有名企業などに応募をしていました。

 

ると大手インフラの書類選考が通りました。

 

それはエージェントが絡まないルートで応募したのです。

 

エージェントには住宅の設計以外は難しいと散々言われてきた中でも、今回はその企業に無事に内定を頂きました。

 

たしかに建築業界でキャリアは必要ですが、エージェントの言う通りだけにとらわれず、インフラというデベロッパーという職種に転職する事ができました。

 

リクナビは求人情報が多い上に、エージェント経由でない求人が多いのでおすすめです。

 

ちなみに建築系で就職活動されている方はこちらの記事もおすすめ↓

 

最後に

 

エージェントの存在は否定しませんが、必ずしも企業の人事の意向と一緒とは限りません。日本は人情の国。

 

必ず、熱い意思は伝わります!皆様の転職活動の成功するようにブログを更新していきます。

 

私の転職体験談も載せています。

一級建築士の私がハウスメーカーからデベロッパーに転職した方法を公開

続きを見る

ちなみに資格の勉強法なども当ブログで公開しています。

【テンプレ公開】一級建築士試験の勉強はいつから?合格するスケジュールを解説

続きを見る

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・1級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより