" />

1級建築施工管理技士

1級建築施工管理技士とは?仕事でできることは?メリットも解説

 

たくや
1級建築施工管理技士って意外とマイナーかもしれませんし、一級建築士の影に隠れがちですがメリットが多い資格です。

こんな方におすすめ

  • 1級建築施工管理技士ってどんな資格?
  • 1級建築施工管理技士なら何ができるの?
  • この資格のメリットが知りたい!
  • 資格取得のためにすることとは?

 

結論

この記事を読むことで、1級建築施工管理技士とはどんな資格なのか分かります。そして、どんな仕事ができるのかがわかることでメリットも把握できます。

 

1級建築施工管理技士とは

 

1級建築施工管理技士とは建設現場の最高責任者になれる資格となります。

 

建設現場では技術的な知識を持っていなければ、指導や監督はできません。そのことから、資格者が管理しなければならないということから求められています。

 

1級建築施工管理技士とは建設工事の現場の規模に関係なく、現場代理人として関わることができます。

 

現場の最高責任者となることができ、ものづくりを建築の最前線で感じることができるやりがいの大きい経験ができます。

 

建築業界では一級建築士では設計の最高資格者である事に対し、1級建築施工管理技士は現場の施工管理の最高資格者となれるのです。

 

ココがポイント

1級建築施工管理技士とは建設現場での最高責任者になれる唯一の資格である。

 

1級建築施工管理技士で何ができる?

 

1級建築施工管理技士になったら現場の取りまとめ役として、施工計画に沿って安全管理や品質管理、工程管理を着実にこなす業務を求められます。

 

建築現場の技術とマネージメント力が求められる資格者となります。

 

2級建築施工管理技士では建設現場にて、主任技術者というものになることができますが、監理技術者になることはできません。それに比べて、1級建築施工管理技士では監理技術者になることができるのです。

 

この資格を持っている事により、営業所では専任の技術者になれることができます。また、建設現場では主任技術者及び監理技術者になれるのです。

 

これは建設業法でも定められていますので、これに反すると違法となってしまうのです。

 

ココがポイント

1急建築施工管理技士は建設現場で、技術的な監督の他にも安全面や工程など全てのマネジメントをこなすことができる。

 

1級建築施工管理技士のメリットとは

 

1級建築施工管理技士は資格の難易度以上にメリットが非常に大きいと言えます。そのメリットは大きく分けて3つあります。

メリット①監理技術者になれる

 

監理技術者は一定規模以上の建設現場に置かれる技術者のことで、義務化もされているため需要は比較的大きいと言えます。

 

その条件は監理技術者の記事で詳細に解説しますが、個人住宅を除き、建設業者が元請けとして総額4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)となる工事を請け負う場合に、現場に監理技術者を置くことが義務付けられています。

 

そう考えてみると、建設会社ではたいていの現場でおく必要が出てくるということが分かります。

 

ただ、監理技術者は講習を受講すればなることができますが、その受講自体が簡単でないのです。

 

「1級」という国家資格を有する資格者でなければ受講することができません。そうなると、意外に持っている人が少ないんです。

 

メリット②求人数が多い

1急建築施工管理技士は以上のことから、非常に企業から求められる資格者となっております。仕事ができる云々の前に、資格者であることが大前提なのです。

 

どんなに不景気であっても建設が止まることはありません。建物は誰かが解体したり、建てたり、改修することが必要です。必ずどこかで建設工事が行っていることから、業界自体もずっと活発です。

 

また、少子高齢化により若手の建設技術者が不足していることも拍車をかけています。ベテランの方々が次々にリタイアしていく中で、こういった事情もあることから企業の採用状況も必死です。

 

メリット③入札のプラスになる

 

公共事業などでは工事をするために入札方式で、施工業者を決めることが通常です。その場合は、単に価格だけの競争だけではありません。発注者の指定方式にもよりますが、施工業者の体制も確認されます。

 

そこで有資格者であれば有利であることは確実です。評価方式も様々ですが、1級建築施工管理技士であることで、ポイントが加算されます。

 

もう分かりますよね。そのために、企業は資格者を必要としています。昔はわかりませんが、今では資格者が詐称して、ニュースになることもあります。

 

これはいかに資格者が建設業界に不足しているかがわかります。

 

ココがポイント

1級建築施工管理技士は監理技術者になることができ、さらに転職でも有利になる。

 

1級建築施工管理技士になるために

 

1級建築施工管理技士になるためには実務経験が求められます。それは学歴によって年数は異なりますので、早めに現場の経験を積んでおくことが重要です。嫌なことがあっても、数年経験しておくだけでかなりのプラスです。

 

実務経験の詳細については下記の記事で解説しています。

1級建築施工管理技士の実務経験は書き方は?学歴や条件などを解説

続きを見る

 

実務経験を満たしたらいよいよ試験を受けましょう。試験は一次試験の筆記試験と呼ばれるマークシート方式です。二次試験は実地試験という記述方式となっています。

 

試験の難易度については下記の記事で書いています。すぐに取れるような簡単な資格試験ではありませんが、メリットが上記のように多くあるため取得しておいて損はありません。

 

一級建築士であれば一次試験は免除されます。私も一級建築士を取得後に受けましたが、実地試験は完全に独学です。基本的にある程度の実務の知識があれば、合格することができます。以下の記事を参考まで。

1級建築施工管理技士の二次(実地)試験を一発で独学合格した勉強方法を解説

続きを見る

 

独学の中でも下記の添削サービスは申し込みました。記述の書き方だけは一度、プロの目にみていただくことをお勧めします。

 

試験の概要については下記に記事で詳細に解説しています。

1級建築施工管理技士の受験資格と難易度は?合格率なども徹底解説

続きを見る

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人

たくや

【経歴】
建築学科卒業→大手ハウスメーカーで営業・施工管理・設計に従事→大手インフラの建築職へ転職で
【保有資格】
一級建築士・宅地建物取引士・1級建築施工管理技士・照明コンサルタント、他改修資格等
【当ブログの実績】
・管理人の実体験によるもの(住宅からインフラまでの仕事を経験)・資格の合格実績あり(上記参照)
・PV数10,000/月
・独自考案のオリジナル教材100部突破!noteより